国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

航空会社

【欧州の格安航空会社】イージージェット利用(ポルトガル・ポルト⇒スイスジュネーブ)

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)で最も有名なのはイージージェット。ヨーロッパ内の数多くの都市を結んでいます。

過去に3回利用した事がありますが
今回はポルトガルのポルトからスイスのジュネーブまで利用。

他の格安航空会社と同じようにA320の機体を利用しております。
3-3の配列。
最近、墜落した格安航空会社のドイツの格安航空会社であるジャーマンウィングス、エアアジアと同じ機材です。
シートピッチはもちろんなく、狭いですが、2時間程の搭乗時間だったので苦ではありませんでした。

世界の航空会社でどこの航空会社がお薦めか?36の航空会社&140本以上のフライト搭乗者が語る

番組をご覧いただいている方から
今までに良かったお薦めの航空会社はどこか質問がありましたのでご回答させていただきます。

今までに下記航空会社を利用してきました。
利用航空会社は36社、140本以上のフライトに
搭乗しました。

1.タイ航空(TG)
2.日本航空(JL)
3.全日空(NH)
4.エアインディア(AI)
5.カンタス航空(QR)
6.スカンジナビア航空(SK)
7.ヴァージンブルー航空(VA)
8.ニューギニア航空(PX)
9.大韓航空(KE)
10.アシアナ航空(OZ)
11.オーストリア航空(OS)
12.バンコクエアウェイズ(PG)
13.エアパシフィック(FJ)
14.ベトナム航空(VN)
15.シンガポール航空(SQ)
16.エアアジア(AK)
17.ロイヤルブルネイ航空(BI)
18.スリランカ航空(UL)
19.ユナイテッド航空(UA)
20.デルタ航空(DL)
21.イージージェット(EZ)
22.ブリティッシュミッドランド航空(BD)
23.スカイマーク(BC)
24.ビジネスエアー(運航停止)
25.アリタリア航空(AZ)
26.スクート航空
27.バニラエアー
28.ミアットモンゴル航空
29.トルコ航空
30.シルクエアー
31.インディゴ航空
32.スパイスジェット
33.キャセイパシフィック航空(CX)
34.エミレーツ航空(EK)
35.ロイヤルブータン航空(B3)
36.フィリピン航空(PR)

スクート航空!TR866 便!タイ・バンコク(ドンムアン)⇒大阪(関空)

SQ(シンガポール航空)の子会社であるスクート利用。SQは何度か利用した事ありますし、此間、シンガポールから東ティモールに行く時に同じくSQの子会社のシルクエアー利用しました。

日本⇄バンコク線の、機材は中型ワイドボディ機のボーイング787。モニターはついてませんが、LCCで多用されるエアバス320とその兄弟機に比べて広くて快適です。

【スクート航空】最安値で片道1万円代、往復3万円代?タイ・バンコク行きお薦め格安航空会社(LCC

【スクート航空】最安値で片道1万円代、往復3万円代?タイ・バンコク行きお薦め格安航空会社(LCC)

前回、関空からSQの子会社であるスクートを利用しましたが、今回も関空からスクートを利用します。
費用は、片道総額で22191円。(食事や座席指定をしなければ2万円程)
SQの子会社でLCCですが、機材はボーイングの787と新しい中型ワイドボディ機。モニターはついていませんが、いわゆるLCCの機材に多用されるエアバスの320系(321、319)に比べたら乗り心地はよいです。

JAL(日本航空)女性客室乗務員2人けが、航空法違反&傷害の疑いで70歳男逮捕!

羽田空港に着陸した直後の日本航空の機内で暴れ、客室乗務員の女性2人を蹴るなどしてけがをさせたとして、70歳の男が警視庁に逮捕されました。

 航空法違反などの疑いで逮捕されたのは、埼玉県鴻巣市の無職・会田芳稔容疑者(70)です。

 会田容疑者は、今年8月、羽田空港に着陸した直後の日本航空の機内で、シートベルトを装着せずに大声で騒ぐなどして暴れ、客室乗務員の女性2人に足を蹴るなどの暴行を加え、けがをさせた疑いがもたれています。2人は右足や腰に全治2週間から3週間のけがをしました。

 会田容疑者は当時、酒を飲んでいたということで、取り調べに対し「弁護士が来るまで話しません」と黙秘しているということです。

TBS(JNN系)

ブータン航空!B3-700!ブータン・パロ→タイ・バンコク(インド・カルカッタ経由)

ブータン王国訪問時にブータン航空利用!ブータン・パロ⇒タイ・バンコク
航空会社は往路と同じくブータン航空。インドのカルカッタ経由。経由時間もあわせて4時間30分程の搭乗時間。

ブータン航空の2レターはB3 便名はB3-700
機材は往路と同じくエアバスの319-100
座席は、こちらも往路と同じく、プレミアムエコノミー席の3A

ブータン・パロ→インド・カルカッタ区間=軽食
インド・カルカッタ→タイ・バンコク=昼食

飛行は安定しており、窓からの景色も堪能。
目視や言語の聞き取りで、客はインド人が一番多く、その次にブータン人、他にアメリカ人、タイ人、ベトナム人、マレーシア人、ドイツ人、日本人(ビジネスに2名)

エアアジア・プーケット→バンコク線!FD3022

エアアジアの飛行機はバンコク発着は新しいスワナプーム国際空港ではなく、ドンムアン­­空港になります。
バンコクのドンムアン空港をでて1時間20分程でプーケットの空港に到着。
エアアジアの機材は、エアバスのA320に統一されております。
預け荷物、食事、飲み物、座席指定は有料です。
シートピッチは狭いですが短距離ならさほど気にならないと思います。

ユナイテッド航空UA35便!アメリカ・サンフランシスコ⇒大阪・関西空港

アメリカからの帰りにサンフランシスコから関空まで利用した
ユナイテッド航空UA35便。
機材は往路のANA便と同じポーイング787
3-3-3の配列で中型ワイドボディ機です。
途中、何度か気流に巻き込まれ深い揺れに襲われましたが飛行には問題ありませんでした。
今までに40程の航空会社利用&140回程飛行機に乗りましたがユナイテッドは前回、ロサンゼルスを訪問した時以来、5年半年ぶりです。
久しぶりの利用でしたがユナイテッドの
サービスやフライトアテンダントの対応はお世辞にもよいとは思いませんが、サービスは日系のほうがいいですね。機内食も。
映画は映画大国だけあり充実していますが。
今回はANAのマイレージで航空券をとりましたが
マイレージは基本的にYクラスの正規の航空券。エコノミーでは一番高い価格のものになりますが、それだけ様々な利点があります。
まず、往路の到着地や帰りの出発地が違うオープンジョーは勿論のこと、行き帰りが違う航空会社《同じグループ、ANAなのでスターアライアンス》利用可能。
さらにはマイレージ加算率は100%
1年間のオープンと同じ航空券になりますので
期間は長く、日づけ変更も可能です。