国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

船(フェリー)

【海路越境・国際フェリー】カナダ・ビクトリア⇒アメリカ・シアトル行きフェリー!

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリアからフェリーを利用して海路越境。シアトルへ。
5年半ぶりにアメリカのアメリカ入国。
今回でアメリカは3回目
1回目は学生の時にハワイ
2回目は5年半年前にロサンゼルスとその周辺
今回はシアトル→ポートランド→サンフランシスコと考えていましたが、時間の都合上、ポートランドを省きます。
シアトルのフェリー乗り場から
宿までは3キロ~4キロありますが
20キロ近いバックパックを背負い
気合いを入れて向かいます。
宿がある場所は、写真中央に見える高層ビル群の奥です。
入国審査は
カナダ・ビクトリアのフェリー乗り場で
おこないました。シアトル到着後に荷物検査があり
入国管理局の人間から
どのくらい滞在するのか?と言われ
日数と行程を伝えたら
このバックを背負って歩いてサンフラまでいくのか?
と笑われましたW

カナダのビクトリアとアメリカのシアトル間は
CLIPPER VACATIONS という会社がフェリーを運航しています。1日2~4便運行。
費用は100USD~200USD(時期により料金が異なる)

バンクーバーからビクトリアのフェリーが大きなフェリーだったのですが、これはフェリーというか大型ボートですね。速度は非常に速く、今まで乗った中で一番の速さでした。
中には軽食や酒も販売しています。

ギリシャ・第二の都市テッサロニキ市の港・市街地を望む!

ギリシャの首都のテッサロニキ。
首都アテネに次ぐ2番目に大きな都市で、中央マケドニアの首府であり マケドニア・トラキア行政管区の首府でもある。テッサロニキには 、共同の首都)と言う称号があり、東ローマ帝国時代にはコンスタンティノープルと並びビザンティンに君臨した都市であった。
人口は32万、都市圏の人口も合わせると80万人程。
バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレスト、ソフィア、ベオグラードに次ぎ6番目の人口を誇る。

【モロッコへの拠点都市】スペイン・小さな港町タリファ!ジブラルタル海峡が!

モロッコに行くためにスペインのアルへシラスを訪問。アルヘシラスからもモロッコのタンジェ行きの船が発着しているのですが、アルヘシラスからはタンジェの市街地からかなり離れた新港で市街地に隣接する旧港ではありません。
タンジェの旧港であれば隣の小さなタリファという町から船が出ているのでそこから船を利用する形になります。

アルへシラスにある旅行会社でタンジェまでの日帰り旅行や1泊や2泊の旅行申し込みが出来ます。

タリファは、アルへシラスからバスで20~30分程のところにある小さい港タ町の港からです。
人口18000人程の小さな港町です。イベリア半島最南端となるタリファ岬があるところです。
そして、モロッコのタンジェ市との間をフェリーが定期運行しており、美しい町です。

北欧・豪華大型フェリー・シリヤライン(スウェーデン⇔フィンランド)!贅沢なバルト海クルーズの旅!

旅には多くの交通手段があります。飛行機、電車、車、バイク、そして船。世界には数多­くのフェリーやクルーズ船が運航しています。飛行機の旅、電車の旅とは違った楽しみ方­が出来る船旅。

今回は、スウェーデンとフィンランドを往復する豪華フェリー・シリヤラインを皆さんに­ご紹介いたします。

夕方にスウェーデンのストックホルムからフィンランドのヘルシン­キに移動するために­、大型客船(寝台フェリー)のシリヤラインに乗船した。中には、多­くのレストラン、­免税店、スーパー、バー、カフェ、ブティック、ゲームコーナー、カジ­ノ、デッキ等の­設備があり、船での滞在を楽しむ事が出来た。寝台なのでベッドで快眠で­きた。(いろ­いろなタイプの部屋がある。)夕方5時に出発し、翌朝9時にヘルシンキに­到着した。
シリヤライン(Tallink Silja Oy)はかつてはフィンランドに本拠を置く船会社であったが、2006年、エストニア­­のフェリー会社タリンク(AS Tallink Grupp)に買収された。
シリヤラインは、同じフィンランドのヴァイキングライン(Viking Line)とともにバルト海の2大フェリー運航会社で、バルト海航路の長年のライバル­­同士だった。しかし、1990年代にエストニアの船会社タリンクが台頭してくると、­2­006年にタリンクはシリヤラインを買収した。

現在は、シリヤラインはタリンクの傘下でTallink Silja Oyというフィンランド国内での販売業務だけを行う子会社になった。 スウェーデン国内ではシリヤラインは、タリンクの傘下でTallink Silja ABという会社名になり、スウェーデン国内での販売業務をしている。従って、シリヤラ­­インが保有していた船の多くは、タリンクの所有に移された。

タリンクはシリヤラインの買収後、かつてのシリヤラインの運航路線の見直しを進めてい­­る。多くは「タリンクシリヤ」のブランド名での運航となったが、マーケティング戦略­か­ら、タリンクは2つの運航区間(船舶数4)だけシリヤラインのブランド名を残して­運航­している。 2つの航路で年間で300万人と車両20万台を運んでいる。

スペイン・タリファ→モロッコ・タンジェ行きフェリー

スペインのタリファの港からフェリーに乗り込み、モロッコのタンジェへ
むかいました。ジブラルタル海峡を渡り、初めてのアフリカ大陸
アフリカ大陸初上陸!

乗船前に港でに出国審査、荷物検査を終えて、フェリーに
乗り込みました。
1時間ほどでモロッコのタンジェに到着しました。

船体
10538586_781045558585325_4619057179761374807_n
船内
10606322_781045338585347_3620308915764251620_n
デッキ
10641041_781045938585287_1243548559295549043_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
スペイン・タリファにて 9月11日





スペイン・アルへシラス・ジブラルタル海峡に面した港

マラガからアルヘシラスへ移動。アルへシラスの港湾です。イスラム勢力により713年に建てられたアルヘシラス。人口は12万人弱の都市です。モロッコに海路で行く際の拠点となる都市です。欧州大陸とアフリカ大陸、地中海と大西洋をわけるジブラルタル海峡に非常に近いアルヘシラス。明日、アフリカ大陸に初上陸します。体調は芳しくはないですが、モロッコのカサブランカとラバト行きは中止し、モロッコのタンジェのみの観光にします。帰国までの時間もあまりないのもあり。
ジブラルタル海峡の最深部分は942メートルになります。両大陸が一番接近している都市はたったの14キロ。
実は、ここ麻薬の密輸ルートでもあります。

10665114_780243858665495_4826110706592134283_n

平成26年(2014年)7月~9月 三回目の欧州周遊旅行
スペイン・バルセロナにて撮影 9月9日




クロアチア・ドブロブニク→イタリア・バーリ行きフェリー!

フェリー内のセルフのレストランで食事をとりました。
クロアチアのダルマチア産の生ハムをもう一度食したくて食べてしまいました☆やはり美味です。
これから何年ダルマチアのハムを食べられないのか。
夜に出発し、アドリア海を航海し、翌朝、イタリアのバーリに到着する
フェリーでございます。

下記がフェリーです。
10592817_771712142852000_1040236770410098496_n
旅で出会った女性です。
たまたま近くにいたので、旅人同士、旅の情報交換をしました。
10009294_771724966184051_6076623275237417547_n

ダルマチア産のハムが美味でございました。
10609701_771719269517954_1843013743267071955_n
デッキで涼みました。
10563178_771716029518278_8444547060600900640_n

航海を楽しみました。

下記が座席(動画)

デッキ

 

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
欧州 アドリア海上にて 8月23日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

クロアチア・ドブロブニク→イタリア・バーリ行きフェリー利用

かつての日本の同盟国であるイタリアに到着^_^ 旧ユーゴ諸国とアルバニアには合計で20日も滞在してしまいました。少しいすぎました。昨晩、クロアチアのドブロブニクからイタリアのバーリまでこちらのフェリーに乗船しました。ドブロブニクを22時に出発し、翌朝8時にイタリアのバーリの到着。
イタリアは、2年ぶり3度目の訪問になります。よって渡航歴は変わらず55か国。
前回、前々回で観光主要都市である、ローマ、ミラノ、ベネチア、フィレンツェを訪問済みですが、バーリは初めてでございます。他に行った事ない都市をいくつか訪問。

10592817_771712142852000_1040236770410098496_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
イタリアのバーリにて 8月22日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

宮城・松島遊覧船!

平成23年3月11日・東日本大震災がおこり、死者・行方不明者含めて2万人近い人々が被害を受けました。自分は、当時は、仕事でタイのバンコクに赴任中で、それを電話上でお客さんから伝えられて悲しみに浸りました。
今回のテーマは
アキーラさん乗船!宮城・松島遊覧船!

遊覧船船着き場付近

宮城県を最初に訪れたのは平成17年3月で2回目の訪問になります。
震災から7か月後の平成23年10月に訪問しました。
前回も仙台市内観光+仙石線にのり、この松島まで来て、遊覧船に乗る。

カモメ達に餌付け

松島は震災の被害が最小限に抑えられタ場所です。多くの島々があり、それが津波を和らげてくれたようです。前回と同じく松島で遊覧船に乗って景色を楽しんだ。
美しい島々

観光客も戻ってきていた。自身、5年半ぶりの宮城であるその際に、​東北新幹線を利用したが、やまびこに乗った。他にもハヤ​テやツバサ等をみた。いつもは東海道新幹線ばかり使うの​だが、久しぶりの東北新幹線であったが、東海道新幹線に​比べ、デザインが斬新で、2階建て等、最新鋭の設備であ​ると思った。電車オタクではないが、思わずシャッターを​押さずにはいられなかった。今では新幹線が青森まで延び​、便利になった。乗り心地は抜群であった。国内は車で行​く事が多いが、新幹線の旅も良かった。

被災者と被災者の家族にご冥福を祈るとともに、早期の復​興を願った。仙台は復興はされていると実感した。松島も​洪水の被害が最小限で観光客も戻っていた。ただ他の沿岸​部は依然として復旧が完了していない。
勇気づけをするために全国から よさこいのチームが駆け​つけ、踊りを披露して皆を元気つけていた。仙台は牛タン​が美味しく、牛タン定食を2度食べたが、最高に美味しか​った。他にも松島ではサザエやつぶ貝等を食べた。
海の幸最高

宮城県は震災で甚大な被害を受けたが、回復を願う。震災で亡くなられた方々のご冥福を祈りいたします

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記

http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1










シリヤライン(ストックホルム⇒ヘルシンキ)乗船

平成24年(2012年)5月26日夕方にスウェーデンストックホルムからフィンランドヘルシンキに移動するために、大型客船(寝台フェリー)のシリヤラインに乗船しました。
今回のテーマは
アキーラさんお薦め!シリヤライン(ストックホルム⇒ヘルシンキ)乗船
6万トンの大型船体

中には、多くのレストラン、免税店、スーパー、バー、カフェ、ブティック、ゲームコーナー、カジノ、デッキ等の施設があり、船での滞在を楽しむ事が出来た。寝台なのでベッドで快眠できた。(いろいろなタイプの部屋がある。)夕方5時に出発し、翌朝9時にヘルシンキに到着しました。
7階部分散策

シリヤライン(Tallink Silja Oy)はかつてはフィンランドに本拠を置く船会社であったが、2006年、エストニアのフェリー会社タリンク(AS Tallink Grupp)に買収されました。
一番安い部屋に宿泊
シリヤラインは、同じフィンランドのヴァイキングライン(Viking Line)とともにバルト海の2大フェリー運航会社で、バルト海航路の長年のライバル同士だった。しかし、1990年代にエストニアの船会社タリンクが台頭してくると、2006年にタリンクはシリヤラインを買収しました。
館内散策・多くの人々が

現在は、シリヤラインはタリンクの傘下でTallink Silja Oyというフィンランド国内での販売業務だけを行う子会社になった。 スウェーデン国内ではシリヤラインは、タリンクの傘下でTallink Silja ABという会社名になり、スウェーデン国内での販売業務をしている。従って、シリヤラインが保有していた船の多くは、タリンクの所有に移されました。
夕食!北欧人が好きな海老
タリンクはシリヤラインの買収後、かつてのシリヤラインの運航路線の見直しを進めている。多くは「タリンクシリヤ」のブランド名での運航となったが、マーケティング戦略から、タリンクは2つの運航区間(船舶数4)だけシリヤラインのブランド名を残して運航している。 2つの航路で年間で300万人と車両20万台を運んでおります。
デッキから景色堪能

客室は多くの種類の客室があるが、2番目に安い部屋にしようとしたらあいておらず、一番安い部屋に泊まる事にした。
4人部屋スロバキア人2人、ロシア人1人と一緒の部屋になりました。
夕日がきれいであった

ロシア人は、あまり英語が話せず意思疎通が出来なかったのだが、売店で購入した寿司を食べていたのにはびっくりした。
ロシアでも寿司が人気が出てきているようだ。スロバキア人2人とは仲良くなり、フェイスブックでも友達になりました。
館内にあるクラブ訪問

カジノではスロットマシーンを楽しみ、お金を儲ける事が出来た。額でいうと乗船代くらいは稼げた感じはする。
食べ放題のレストランがあった

レストランも多くあったので、滞在中に2回レストランを利用した。

旅には多くの交通手段がある。飛行機、鉄道、船、車、バイク、タクシー、徒歩等。それぞれの楽しみはあります。
それなので、旅は面白い。
北欧のスウェーデンとフィンランドの両国に行かれる際は、是非ともこのシリヤラインに乗船する事をお薦めします。
旅行会社ではパッケージツアーでシリヤラインのツアーが組まれているものもありますので
安心、安全を求めるのであればパッケージツアーでの参加も良いと思います。


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記

http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1