国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外日本食屋

海外に進出する日本の外食チェーン!石川県の8番ラーメン!

I ate lunch at 8ban ramen in BIG C on soi 26,Sukhumvit road in Bangkok.買い物でバンコク市内スクンビット、ソイ26のKvillage横のスーパーBIG Cに。中に8番ラーメンがあるのですが昼食。
8番ラーメンは石川県に本社があるラーメンチェーン。北陸三県に多くの店舗があり、岡山にも店舗があります。
それ以外の地域の方々は知らない方ものと多いと思いますが。
8番ラーメンは早い時期から海外に目を向けてきて、積極的に海外に出店してきました。バンコクには多くの店舗があります。

ライバル企業が増える事による市場飽和、さらに少子高齢化による市場縮小により、日本の一部の外食チェーンは積極的に海外進出しています。

16508287_1316422235047652_6346147594315514639_n

【海外で流行る日本食】タイ・バンコク・ソイアソーク・居酒屋剣心!

タイのバンコク市内・BTSアソーク駅近くのソイアソークを奥に入ったところにある居酒屋剣心。タイをはじめて世界各地で日本食が人気が出てきています。

日本国内の外食産業の市場飽和、これから少子高齢化による市場縮小が見込まれる外食産業。生き残りをかけて日本の外食産業は海外へと進出しています。

タイ・バンコクのBangkok Marriott Marquis Queen’s Park内の日本蕎麦屋(Soba Factory)

フェイスブックで前々から交流のあった長尾さんが責任者であるマリオットホテル内のSoba Factoryを利用させていただきました。長尾さんとは初めてお会いします。共通の友達も何人かいらっしゃいます。

場所はバンコク市内スクンビット通りソイ22。BTSアソーク駅とプロンポン駅の間にあります。元々、私自身利用したことがあるインペリアルクイーンズパークホテルだったのですが、経営が変わり、改装され、新しく米系のマリオットホテルに変わりました。(正式名称は、Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park)

米系のホテルですが、経営はタイのビール会社であるチャンビールが経営。それゆえホテル内には、タイのシンハービールやレオビールがおいてませんでした。

長尾さんは、元々、佐賀でご自身で蕎麦店を経営していましたが、腕を見込まれ、マリオットから誘いがあったようです。
11月にタイに赴任されました。

焼き鳥、焼き野菜、茶碗蒸し、天婦羅蕎麦、抹茶アイスを食しました。ビールはチャンビールが2杯。ソーダ水も注文。

高級5つ星ホテルなので値が少しだけ張りますが、満足のいくないようでした。(味と雰囲気、接客対応等)(合計で5000円程。AMEXカード払い)

バンコク在住者や、バンコクによく来る方はご利用いただければと思います。

15977164_1309340909089118_8050462870961219452_n

16299225_1309803012376241_8934053618300311283_n

16388377_1309778395712036_4640887323266199274_n

16425754_1309340942422448_2232817416897626320_n

16426238_1310188429004366_6127335457918898721_n

16427318_1310130395676836_2250748930980581389_n

16427532_1309817735708102_1486773628089262746_n

16508159_1309783669044842_7440019004376838349_n

海外に積極進出する日本の外食チェーン!タイ・バンコク・ばんからラーメン

I ate Ramen at Bankara ramen shop in Bangkok last night.9か月ぶりの「ばんからラーメン」バンコクのソイ39の店。
バンコク駐在時に週に3日は利用していた店です。

「ばんからラーメン」は東京の池袋に本店があり、国内にFC店を中心に展開しています。タイのバンコク以外に池袋(東口)、静岡県内の店舗を利用したことがあります。
とはいっても最近は健康を考えラーメンは月に2~3回程ですが。
(かつては、週に4日はラーメン、昼夜連続ラーメンで月に20~30杯はラーメン食べてましたが。国内外で訪れた店舗は500店舗以上)

自分がこっちにいた当時からいるタイ人従業員が1人いるのですが、自分の事を覚えてくれてます。久しぶりの再会です。
いつも注文方法がチャーシュー麺、大盛り、煮卵と海苔を追加、麺固め、味濃い目とするので注文方法まで覚えていてくれます。値段は日本とほぼ変わらず。

16427429_1305099546179921_4559396708519218369_n

タイのホテルの多くは朝食で味噌汁を提供する?

タイは日本人観光客が多いのとタイ人でも味噌汁飲む人がいるのもあり、一定以上のホテルになると朝食ブュッフェに味噌汁がついているホテルは多いです。

今までにタイ国内70以上のホテルに宿泊しましたが、味噌汁提供しているところが多かったです。16425725_1304917449531464_592644567451900631_n

ブルガリア・ソフィア・マリネラホテル(旧ニューオータニ)日本食屋

ソフィアで宿泊したマリネラホテル。1980年代共産党支配化に建てられたホテルです。日本の御三家ホテル・ニューオータニが建てたものです。設計は建築家の黒川紀章です。

10年少し前にドイツの0会社にわたり、今は他の別会社が経営してますが、現地の人々から日本ホテルと呼ばれ親しまれてます。
5つ星のホテルで、日本庭園等日本に関連したものも多く残っております。

ホテル内には現地資本の日本食屋が入ってますが、ソフィアの人々に人気の日本食屋です。日本庭園での食事が出来ます。

ブルガリア・ソフィア・日本ホテルと呼ばれるマリネラホテル!?日本庭園!何故、日本ホテル?

ソフィアで宿泊しているマリネラホテル。1980年代共産党支配化に建てられたホテルです。前述したとおり、日本の御三家ホテル・ニューオータニが建てたものです。設計は建築家の黒川紀章です。
10年少し前にドイツの0会社にわたり、今は他の別会社が経営してますが、現地の人々から日本ホテルと呼ばれ親しまれてます。
5つ星のホテルで、日本庭園等日本に関連したものも多く残っております。

世界1周総集編映像!第2弾!フィリピン・セブ!

世界1周!第2弾!フィリピン・セブ!

セブは6日間滞在
成田空港からフィリピン航空(通称PAL)のPR435便を利用しました。登場時間は安定しておりました。千葉から小笠原諸島を通りました。
機材はこないだVN(ベトナム航空)を利用してサイゴン→セントレア利用したのと同じエアバスのA321 -200で3-3の配列の小さな飛行機でした(格安航空会社が利用するA320の兄弟機ですが、席数はそれより40~50席多く、シートピッチもある。)モニターがない飛行機でした。(共有のモニターすらなし)
フィリピン航空は正直なところあまり利用したくない航空会社の一つですが(絶対利用したくない航空会社ではない)、今回のフライトはよかったです。一時は安全面で欧州への乗り入れを禁止される程でしたが、欧州線も復活。機内食もよかったです。
セブに行くには直行であれば成田、セントレア、関空から出ております。マニラ経由の便もあるんですが、やはり直行便がよいです。
入国審査は想像以上にゆるいと感じました。もっと厳しいかと思ったんですが。
早速、ホテルにチェックイン。セブの空港はセブシティーがあるセブ島ではなくリゾートがたまるマクタン島にあるんですが、マクタン島のリゾートに宿泊です。オンザビーチのプール付きの宿で部屋はオーシャンビューです。

アキーラさん&珍太郎さん!フィリピン・セブ島潜入記!

【海外日本食人気&海外に積極進出する日本の外食産業】ベトナム・ホーチミン・丸亀製麺の店舗!

数年前に日本でも御馴染みの丸亀製麺がベトナムにも進出。たまたまホーチミン(サイゴン)市訪問時に潜入!
値段は日本と変わらないような値段。味は、なぜか汁が酸っぱいWWたのんだのがたまたまなのか。麺はコシがあり美味でした。
日本では少子高齢化で人口減少が進んでいきますが、国内市場規模の縮小。こういった外食産業も生き残りをかけてこれからさらに海外に進出していくものと思われます。
客はほとんどがベトナム人でした。アジア各国の経済発展による人々の賃金向上、日本食人気により今後益々需要が高まっていくものと思われます。

ホーチミンにある丸亀製麺の店舗は、株式会社トリドール(兵庫県神戸市に本社)が、ベトナムで水産加工物製造や飲食店経営などを行う現地の企業体LOTUSグループが新たに設立した運営会社との間で、フランチャイズ契約を締結し、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」をベトナムで展開。
2014年1月11日「イオンショッピングモール・タンフーセラドン店」1号店を開業。ベトナムでは2016年7月現在8店舗、カンボジアとマレーシア、オーストラリアが1店舗ずつ、台湾が18店舗、インドネシアが26店舗、ロシア6店舗、香港9店舗、韓国11店舗、中国41店舗、タイ2店舗、ハワイ2店舗となっており、積極的に海外進出を図っています。

現地実録動画は下記
↓↓↓↓↓

フィンランド・ヘルシンキ・映画かもめ食堂の撮影ロケ使用レストラン(フィンランド料理)カハビラスオミ!

フィンランドのヘルシンキを訪問の際に、片桐はいり、小林聡美主演の­日本映画「かも­め食堂」の撮影地となったレストランを訪問した。実際、営業しているレ­ストランであ­る。

しかし、日本食ではなく実際は、フィンランド料理を提供するカフェレ­ストラン。名前­はカハヴィラ・スオミ(Kahvila Suomi)。日本人観光客だけでなく、地元フィンランド人達にも大人気のレストラン­­で、混雑している。ランチは安く7.7ユーロ~12.9ユーロでメイン+サラダやパ­ン­、食後のコーヒーかミルクがつく。昼食時は安いので、昼食時に訪問。日本人に配慮­し、­日本語メニューもある。

『かもめ食堂』(かもめしょくどう)は、2006年3月公開の日本映画。

小林聡美、片桐はいり、もたいまさこのトリプル主演。監督は『バーバー吉野』や『恋は­­五・七・五!』の荻上直子。原作は群ようこ。 個性的な面々がフィンランドのヘルシンキを舞台に、のんびりゆったりとした交流を繰り­­広げていく。

第28回ヨコハマ映画祭(2007年)で第5位。