国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

飲食店(国内)

静岡県浜松市の割烹&寿司店!海老一(船越町)握り寿司!

はるばる日本最北端・北海道の稚内から来てくれた小生のYouTubeをご覧いただいているタクちゃん(友情出演いただいた)4泊5日という短い行程ですが、色々とお連れしました。

最後の晩餐は、たまに利用する浜松市内の海老一(船越店)。浜松駅近くにもありますが、そこからの暖簾分けの店です。
北海道ではアジがあまり穫れないようですが、アジを食べたいとの事で、大将にたのんで、アジ(ムロアジ)の刺身を出してもらいました。北海道ではあまり食べれない地のものも。3品+寿司で1人3150円と安いです。
わざわざ日本最北端の稚内から来ていただいたので、最後はご馳走させていただきました。

締めの寿司は、
マグロ、戻りガツオ、穴子、アカイカ、白魚、巻物、鮭、海老。

【浜松市観光名所】静岡県浜松市・浜松銘菓!春華堂のうなぎパイ工場見学!

【うなぎパイで有名な春華堂の工場見学!春華堂の社員に(笑)】
One of the Hamamatsu(my hometown) Confectionary is Eel Pie(Unagi-pie). Shunkado corporation manufactured Eel-Pie and we visited one of the factories and tasted
ヤマハ発動機、スズキ自動車訪問後は「うなぎパイ」製造で有名な浜松市に本社がある菓子製造会社の春華堂の大久保工場を訪問。
学生時代~東京勤務時に川崎や東京に8年半程居住しましたが、帰省して川崎や東京に戻る際のお土産は「うなぎパイ」がほとんどでした。
味は非常に美味で、全国各地の銘菓を食べ歩いてきた自分でも絶対的にお薦め出来る御菓子です。

個人事業主としての創業が明治20年、2代目の時代、昭和24年に会社として登記、設立。
うなぎパイ以外にも和菓子・洋菓子も取り扱う老舗菓子店です。

【浜松市ラーメン屋】静岡県浜松市街地!横浜家系ラーメン!魂心家!631ラーメン!

新しく浜松市街地に出来た横濱家系の魂心家ラーメン。初潜入!631ラーメンをウズラ増し、特盛りで注文。美味でした。
最近、浜松にも神奈川や東京で流行っている家系のラーメンがが進出しています。その中でも元祖横浜家系のラーメン屋は全国に増えています。
場所は浜松市街地鍛冶町。

【店舗詳細】
〒430-0933 
静岡県浜松市鍛治町319-21
はままつ 魂心家(地図)
053-522-9322 月~木・日 11:00~翌1:00 金・土 11:00~翌3:00 定休日 水曜日 (22日は営業します)

静岡県ご当地名物!炭焼げんこつハンバーグ「さわやか」浜松市鴨江店!

浜松市お薦めレストラン

さわやかは静岡県内にチェーン展開するハンバーグチェーンです。
あえて県外に進出せず、県内でチェーン展開。
県外者にも知られているハンバーグチェーンです。
味も美味です。

静岡県沼津市ラーメン屋!「ばんからラーメン」沼津店!国道一号線沿い!

静岡県沼津市ラーメン屋!「ばんからラーメン」沼津店!国道一号線沿い!Bankara-ramen,Numazu-city in Japan

静岡県沼津にある「ばんからラーメン」の沼津店。
東京の池袋に本店があるのですが、直営、FC問わず首都圏や静岡県、タイのバンコクなどに店舗があります。

ばんからラーメンは東京在住時よりもむしろ、タイのバンコクに仕事で駐在していた時に利用していました。
場所はバンコク市内のスクンビット通りソイ39にあります。
ラーメンチェーンの中では好きなラーメンチェーンの1つで自分のお気に入りです。

平成30年(2018年)10月30日利用

アゼルバイジャン建国100周年軍事パレード!バクー市内!アゼルバイジャン&トルコ軍合同

アゼルバイジャン建国100周年軍事パレード!バクー市内!アゼルバイジャン&トルコ軍合
2018年9月16日

Military events where Azerbaijan is blessed on the 100th anniversary of the Republic declared on May 28, 1918 are held.
Turyky is the brother country for Azerbaijian and Turkish army join the military event and the Turkish president visited here yesterday.
アゼルバイジャンのバクー市内ではアゼルバイジャンが1918年5月28日に宣言された共和国の100周年が祝福される軍事行司が開催。東のイスラム国家初の民主共和国として認められているアゼルバイジャン共和国の独立は1918年5月28日の事で、これにはオスマントルコ帝国・カフカス・イスラム軍が尽力しました。

アゼルバイジャンにとり兄弟の国であるトルコ。トルコ軍とアゼルバイジャン軍の軍事演習が開催されました。
アゼルバイジャンは隣国アルメニアとの関係は最悪で、アルメニアに占領され、事実上独立上体にあるナゴルノ・カラバフの問題があります。

イスラム教国家の盟主的存在であるトルコ。
トルコのエルドアン大統領が15日にアゼルバイジャンを訪問し、エルドアン大統領はバクー解放の100周年記念式典で演説。
「ナゴルノ・カラバフ問題の解決は、アルメニアとの関係の修復にとって不可欠な条件である。このことはそう認識されておくべきである」と語りました。

「今からわずか25年前にホジャルで起こったこと(ホジャルの虐殺)、ナゴルノ・カラバフで虐殺された人々に報いない者、虐殺者を英雄視する者が我々に与えることができる歴史の教訓はまったくない」と述べたエルドアン大統領は、
「兄弟国アゼルバイジャンの領土の20パーセントを占領している者、100万人以上の我々の兄弟がその祖国に帰ることを妨害する者が、我々にその者らを受け入れるよう期待するのは無駄である」と語りました。

エルドアン大統領は、アゼルバイジャンの元大統領の故ハイダル・アリエフ氏の霊廟と、トルコ兵とアゼルバイジャン兵の殉国者記念墓地も訪問。