国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国境地帯

日本海の呼称問題!韓国側呼称である東海!韓国系団体による東海併記、単独表記へのロビー活動

米国の韓国系住民らが米政府の公式文書や地図で「日本海」表記に加え韓国側表記「東海」を併記するよう求める請願をホワイトハウスに出していた問題でトランプ政権が請願を却下していたことが分かった。

 請願は、ホワイトハウスのウェブサイトに設置されているオンライン請願ページ「WE the PEOPLE」に昨年3月21日に提出された。請願の提出から30日以内に10万人の署名がページ上で集まった場合、米政府が請願に回答する規定となっており、ホワイトハウスは請願がこの規定を満たしたとして内容を検討していた。

 ホワイトハウスによると、米政府が使用する地名に関する方針は政府機関の一つである「米国地名委員会」(BGN)が決定している。

 同委員会はそれぞれの海に対して一つの名称を「伝統的名称」として使用することを長年慣例にしているため、請願に対しては、米政府にとっての伝統的名称である「日本海」を公式表記として使用し続けると回答した。

日本海の呼称問題!韓国側呼称である東海!韓国系団体による東海併記、単独表記へのロビー活動

(以下、産経新聞記事より抜粋)
 「東海」については、「地域的に使われている別称」として委員会のデータベース上に記載されていることを明らかにした。

 ホワイトハウスはまた、日本海をめぐる「術語上の対立」について「日本と韓国が国際協力の精神に照らし、双方が同意できる解決策を見いだすよう引き続き取り組んでいくことを希望する」とした。

 請願を却下した具体的な時期は明かしていない。

 同様の請願はオバマ前政権下の2012年にも出されたが、「東海を併記するのは米政府の長年にわたる方針に反する」などとして却下されている。

沖縄県名護市・辺野古移設反対派テント視察!現地ルポ!

普天間基地移設の移転先となるであろう名護市の辺野古を訪問。在日米海兵隊の基地で第3海兵師団戦闘強襲大隊、 同第4海兵連隊、歩兵大隊などが駐留。

キャンプシュワブ周辺は「辺野古社交街」として、1960年代までは米兵で賑わう英語表記のスナックやバーで賑わう歓楽街でした。今ではそういったバーやスナックが普通の飲食店になっていたりしますが当時の面影を少し感じ取ることが出来る。

前々から噂になっていた場所を訪問し、
聞き取り調査&撮影(写真と動画)。

噂どおり辺野古移設反対の人々がテントを建てて
米軍に対して抗議。
テントにいた人々の人数は100人程で多くが60代~70代でしたが20代~40代の人々も少なからずいました。
沖縄の人々と本土からの移住もしくは遠征組と混じっていた。
小生は諜報のプロですので顔を見ただけで民族の違いを認識できたり、人物を見極めれる自信があります。
目視や話しをしてみていわゆるプロ市民(共産社会主義革命=全共闘世代や全学連など)もいればそれにおどらされている人々も。

対峙する側は
民族派でなければ媚米の幸福の科学や統一教会信者であることが多いのですが。(沖縄で保守を自称する団体は幸福の科学か統一教会系が多数を占める。本人達は否定するが、調査で証拠撮りされている。⇒国連にいっている連中とか)

タイで査証(ビザ)無しロングステイするにはどうすれば?タイ政府が厳格化??秘策は?

番組をご視聴いただいている方から下記質問をいただきました。
↓↓↓↓↓
タイにロングステイ(60~90日間)何が必要ですか?
航空券も往復必要ですか?教えて下さい。

(回答)
一時は観光目的での30日間の滞在がきれると隣国にいき、再入国するというかたちで再度30日滞在できるようにしている人々が多かったのですが、悪さをしたりする日本人が増えたのもあり、数年前からタイの政府が厳しくなりました。
⇒「ビザなしで出入国を繰り返す」行為が「観光目的ではない」、として厳しく取り締まられることになります。
初めてタイに入国する場合、その目的が、観光かそうでないかは入国管理官でも判断が難しいので、「繰り返しているかどうか」が判断基準になります。
⇒この場合、入国審査官に怪しまれないためには出国の航空券をもっていたほうがよいと思います。

それが心配な場合は、
ビザ(査証)の取得です。
料金や条件は下記を参照してください。日本国内であれば大使館(東京)、領事館での取得。第三国の場合も同じくです。

入国回数シングル6ヶ月マルチプル査証有効期間
(発効日から)3ヶ月6ヶ月入国ごとの滞在可能期間
(タイ入国日から)60日60日
(1回ごと)査証審査料4,500円22,000円必要なパスポート残存期間
(タイ入国日から)6ヶ月以上

中国旅行(渡航)の注意点は?〇〇や〇〇はいけない?

番組をご覧いただいている方から
リクエストをいただきました。
リクエスト内容は下記

中国旅行の注意点をお願いできますでしょうか。
googleが使えない、国内移動手段、共産党国家ゆえの注意点・・・

中国において日本人6名がスパイ容疑で拘束&海外渡航時の行動&撮影の注意点

【中国において日本人6名がスパイ容疑で拘束&海外渡航時の行動&撮影の注意点】
中国において日本人6名がスパイ容疑で今年3月に山東省や海南省で拘束されていた事が発表されました。
(数年前にに拘束された日本人5名は未だに拘束されたままです。)
中国では日本式の温泉施設(いわゆるスーパー銭湯)がブームになっています。
今回拘束された6人は、地元の温泉開発会社の要請をうけて技術協力というかたちで政府当局から許可を得て地質調査に携わっていました。
今回の件は全くもってスパイ活動ではないと断言できますが、技術援助で訪れた技師にスパイ容疑をかけるのは国際的信用をさらに失墜させる結果になるでしょう。
2014年に中国国内で「反スパイ法」が制定されましたが、
この法律の定義は曖昧で当局役人の判断に任されている
といっても過言ではありません。
共産社会主義国家ではいわゆる賄賂は横行しています。
役人の汚職はひどいものです。賄賂を支払わなければ
逮捕、拘束もありえるのです。
スパイ容疑をかけられた5名(これが日本の諜報員(スパイ)であるか否かに関しては関係上、言及を避けますが)のうち4名は裁判公判中。しかし、秘密主義の共産社会主義国家ですので裁判の詳細は明らかにされてません。
今回の件で、中国から他国(主に東南アジア)へ生産拠点を移す日本企業はさらに増すでしょう。中国に駐在、赴任を命じられたら拘束される心配もつきものですから。
今回、皆さんにお伝えしたいのは
海外渡航時の撮影の注意点です。私は国内外で調査活動をしており、画像、映像双方での撮影をしています。
活動に支障をきたすのでどこの国で何があったとはいえませんが、複数の国で短時間ながらも拘束された経験があります。
まず海外での撮影に関しては
軍施設、軍車両、軍人を許可なく撮影するのを禁止している国々はかなりの数を占めます。
軍関係以外に、政府機関、空港、港湾なども国と都市、場所により禁じてます。もし撮影してしまうと知っている知らないに関わらず逮捕拘束される可能性は高いのです。
なので海外渡航の際の撮影にご注意ください。
私は国内外での調査と撮影をしています。
プロの自分としては上記写真のように特殊機材と特殊技術を用いれば撮影は出来ます。(今までも数多くの場所で撮影をしてきました。)いつも覚悟の上で撮影をしています。
現地で得てきた情報提供&映像画像提供も随時しています。
写真はフランスのパリを再訪した際に、パリ北駅構内で撮影した写真。フランスの諜報機関であるDGSEが事前にイスラム過激派がパリに潜入しているという情報を得ていたのですが、爆弾テロを警戒していまいた。
この数か月後にパリで大規模なテロがおこりました。
駅や地下鉄などの公共施設は軍が警戒していましたが、それが手薄な民間施設が標的になりました。
幸いにも日本は世界の数多くの国々と友好関係を結び、外国人の日本人に対しての信頼度は非常に高いです。
しかし、日本はアメリカの属国、アメリカに操られていると思っている国々も少なくはなく、主にイスラム系の国々、イスラム過激派の中では潜入してきた日本人をCIAのスパイと思う人々がけっこういます。(実際にCIAのスパイと化した日本人が日本には数多くいるのは事実)
CIAのスパイと疑いのある人々が先日、処刑されましたが。
話しは変わりますが、昨日、タイのバンコク、イギリスのマンチェスターにおいて爆弾テロがあり多くの方々が亡くなりました。タイのバンコクに関して軍の病院を狙った事から現在の軍事政権に不満を持つ国内の政治集団の一味の仕業と思います。(タイはタクシン派VS反タクシン派の政治的争いがここ数年おさまっていたのですが)
イギリスのマンチェスターの件に関しては
イスラム過激派のテロ(ISILのテロ濃厚)でしょう。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
このような卑劣な行為を遺憾に思います。

【治安注意喚起】パキスタンの安全情報に関して!安いツアーはあるのか?

【治安注意喚起】パキスタンの安全情報に関して!安いツアーはあるのか?国際ジャーナリスト大川原 明!解説!

コソボ・プリズレン市の城塞からの絶景

コソボ南西部中心都市であるプリズ­レ­ン。
プリズレンには城塞跡があるのであすが、そこからの景色は絶景です。城塞まで登るのに歩いて20~25分程です。

コソボ、アルバニアはイスラム教徒のアルバニア­­人の国です。モスクがいたることにあります。

東ティモールの無垢な子供達!

The children in East Timor are very friendly.
Many children talk to me When I take pictures.
東ティモールは噂では聞いていたけど、
子供達が懐っこいな。

写真撮影していると
子供達が近寄ってきます。

ちなみに民族はメラネシア系です。
メラネシアというとソロモンやフィジー、
パプアなんかと同じですが。
ポリネシアよりも肌の濃く、縮れ毛、体格いいのがが特徴。でもここはかなり昔に血が混じったのかな?
縮れ毛ではなく、体格もフィジーなどに比べると
小柄。ミクロネシア系にも見える。
17190894_1349112151778660_2533406493191470773_n