国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

日本のODA援助

フィリピン・マニラ・セブ!日本のODA援助で建設された橋(マルセロ・フェルナン橋)!

フィリピンのセブ。中心のセブシティーがあるのがセブ島。空港とリゾートが立ち並ぶのがマクタン島です。この両島を結んでいる橋がマルセロ・フェルナン橋(第二マンダウエ・マクタン大橋です。)
この橋は、日本のODAによる資金と日本の技術援助により建設された橋です。橋の長さと高低差があり、橋脚もしっかりしています。

フィリピンにある長大なプレストレスト・コンクリート橋(エクストラドーズド橋)。マクタン・セブ国際空港やビーチリゾートのあるマクタン島のラプ=ラプ市と、セブ島のマンダウエ市とを結ぶ。セブ市を中心とするフィリピン第二の大都市圏メトロ・セブの交通網の一部をなす。
マクタン島とセブ島の間には1973年にマクタン=マンダウエ橋が架かっているが渋滞が激しいため、二本目の橋として1999年8月に開通した。橋の長さは1,237mで、中央径間は185m。4車線の車道と歩道がある。フィリピンではもっとも幅が広く長い橋の一つであり、日本の円借款と日本企業の施工により完成した。橋の名は、セブ市の有力な政治家で上院議員でもあるマルセロ・フェルナンの名にちなむ。

そんな中、日本にたいする感謝の気持ちをこめてこのような碑があります。フィリピンにはこのような日本への感謝の碑をいたるところで見ることが出来ます。
今まで世界各地を訪問し、タイ、ラオス、ベトナム、スリランカ、バングラデシュ、パラオ、コソボ、セルビア等でこれらの碑をみて撮影をしてきました。

ベトナム・ホーチミン・地下鉄1号線!日本のODA援助で建設中!

場から近い場所にある地下鉄1号線の駅ベンタン駅の建設現場。1号線はベンタン⇔スイティエン間を走る地下鉄です。
日本のODA援助による資金で地下鉄建設中。請け負っている会社は日本の大手ゼネコンの清水建設と前田建設。双方が一緒になり建設しております。
日本の血税から流れる資金援助(一応、円借款のようですが)もこのような形で日本人に感謝してもらえるように看板を出してくれるなら有益です。

こういったODA援助は無駄だという方もいらっしゃいますが、一種の外交戦術でもあります。これを生かすも殺すも日本政府の出かたしだいではあります。(実際には日本企業の進出が容易になったり日本にも利点があります。=これは日本にとっても有益です。対日感情もさらによくなります。日本にとっても有益です。ゼネコンにもお金がおちますしね。)

セルビア・ベオグラード・日本政府から寄付されたバス93台!

セルビアのベオグラード市内で日の丸発見!日本から寄付されたバス。
1999年のNATOによる空爆、経済制裁により、セルビアは経済疲弊し­ま­した。そ­こに救いの手を出したのが日本なのです。バスは100台程寄付、病院施設­、橋­や道­路なども日本の援助で建設。
洪水に見舞われた時も、日本は援助いたしました。それだからか、バスの運転手、横にい­­­たセルビア人青年、道を尋ねて、英語は通じずとも親切に対応してくれると思いまし­た­。­対日感情は良いですね。
コソボ紛争となると、コソボの独立をアメリカや西欧に歩調を合わせて認めた日本ですが­、セルビア側にも上手い外交戦術をしてしこりのないようにしております。
日本は世界中の人々に好かれたすばらしい国です。

パラオ・日本から寄付された車両(救急車、消防車、JA車両等)

パラオのコロール市内の目抜き通りの消防署内にあった日本から援助された消防車や救急­車等の車両。他にマラカル島でJA奈良の車両を発見。
日の丸­とパラオの国旗が。

太平洋に浮かぶかつての日­本の委任統治領であるパラオを訪問しました。
パラオはかつて、ドイツの委任統治領でし­たが、第一次世界大戦でドイツが敗戦をした­結果、日本がパラオの統治をゆだねられ、3­0年程日本の委任統治領で会った場所です­。

通称パラオは、太平洋上のミクロネシア地域­の島々からなる国である。首都はマルキョ­ク。2006年10月7日に旧首都コロールか­ら遷都。

16世紀頃より、海運の進歩の結果ミクロネシア諸島にもヨーロッパ人が訪­れるように­なり、スペイン人が初めて渡来し、次いでポルトガル人、イギリス人がやって­きました­。

パラオも1885年にスペインの植民地下に入った。これらのヨーロッパ人により­天然­痘などが持ち込まれ、また現地人に対する搾取が行われた結果、パラオの人口は90­%­程度減少したとされる。1899年に、国力が衰退の一途を辿っていたスペインは、グ­­アムを除くスペイン領ミクロネシアを450万ドルでドイツに売却、パラオもこれに含ま­­れ以降ドイツ植民地となった。ドイツはパラオでココナッツ、タピオカ栽培、アンガウ­ル­におけるリン鉱石採掘などの産業振興を行いました。

しかし、他のドイツの植民地と同­様に、道路や水道などのインフラストラクチャーの整­備や現地人への教育はほとんど行わ­れておりませんでした。

1914年に第一次世界大戦が開始されると、イギリスやアメリカなどと同じ連合国の一­­国であり、ドイツに対して宣戦を布告した日本が海軍を派遣し、ドイツ守備隊を降伏さ­せ­てこれを占領。

第一次世界大戦の戦後処理をするパリ講和会議によって、パラオは日本の委任統治領にな­­りました。

コロールには南洋庁及び南洋庁西部支庁(パラオ支庁)が置かれ、パラオは­周辺諸島に­おける植民地統治の中核的な島となり、多くの日本人が移住しパラオ支庁管内­の住民の­4人に3人は日本人となった(軍人を除く昭和18年6月末時点の居住者33,­960­人の内訳:内地人(内地出身日本人)25,026人、朝鮮人(朝鮮半島出身日本­人)­2,460人、パラオ人先住民6,474人、他にスペイン人・ドイツ人宣教師18­人­)。

日本の統治が始まってからは、ドイツの統治下ではほとんど進んでいなかった学校や病院­­、道路など各種インフラストラクチャーの整備も重点的に行われ、1920年代頃にな­る­とコロールは近代的な町並みへとその姿を変貌させました。
また、日本統治の開始にと­もない日本語による学校教育が現地人に対しても行われるよ­うになった。

太平洋戦争末期に、アメリカ軍がパラオに侵攻してきた際に、南のアンガウル島やペリリ­­ュー島は激戦地となりペリリューでは日本人兵士約11000人が玉砕する(アメリカ­軍­死者は約8000人)程、激戦地となった。アメリカ軍が攻めてくる前に、日本軍は­ペリ­リュー島民を戦争の犠牲者にならないように本島へ移住させた。しかし、日本軍と­一緒に­戦うと島に残ったペリリュー島民も多くおりました。

今でもパラオは親日国であり、1994年独立の際は、尊敬する日本の国旗を真似て、国­­旗を作りました。初代大統領は日本人の血を引く日系人(現地人との混血)のナカムラ­・­クニオ氏です。日本はアメリカと並ぶパラオへの最大の援助国であり、それらへの感­謝の­碑をいたるところで発見します。

ベトナム・ホーチミンの空港内にある日本のODA援助感謝の碑!世界で感謝されてる日本?

親日国・ベトナム!!この国は日本のODA援助(資金と技術)に­より道路や学校、橋­­、空港等が建てられています。得意げ
首­都のホーチミンで日本政府のODA援助により(技術と資金)タンサニャット国際空­­港が­8年程前に建てられた。それに対してのベトナム政府の感謝の碑である。ラブラブ!ラブラブ!
発展途上国ではあるが、日本のODA援­助(技術と資金)に­よりこの国は発展してき­ている。(日本が一番のODA供与国)。­日本に対しては感謝を­していおります。
多くの国々でこのような日本のODA援助に対しての感謝の碑をみる事が出来ます。
平成25年(2013年)6月ベトナム・ホーチミン再訪時に撮影
このような日本のODA援助は、日本の企業進出、現地での営業活動、販売等にも優位に­­させてくれております。ラブラブ!

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

ジャーナリスト大川原 明発見!パラオ・コロール島にある日本からのODA援助に対しての感謝の碑

パラオ訪問時にいたるところでこのような日の丸発見しました!
日本からのODAに対してのパラオ政府からの感謝の碑です。
これは道路改修工事の日本の協力に対しての感謝の碑。日本は統治時代からずっとパラオ人に感謝されております。超親日国家です。
そにに引き換え、今まで多大な資金・技術援助を得て発展してきた韓国や中国などは・・・・・それに感謝もせずに反日丸出し、日本を貶める事に躍起になり・・。こういった日本の援助に対しての感謝の碑があります。
パラオ訪問時に撮影

10461443_884586004897946_4312747117618806810_n


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

ジャーナリスト大川原 明訪問!パラオにかかる日本が再建した新KBブリッジ!

ここはパラオ最大の橋。ニューKBブリッジ。パラオにかかるKBブリッジ。これはかつて、韓国がロビー活動を展開し、日本のゼネコ­ンを抑えて受注(これは日本の価格の半額以下を提示し受注したのです。
しかし、それはいわゆる手抜き工事による見積額かなり低く提示。資材も品質悪のものを使用)をし、KBブリッジを建設。韓国の技術は世界一というもとに、自信­をもっていたようだが、しばらくして崩落。(韓国企業特有の詐欺、手抜き工事は国技。韓国では平気でおこなわれております。最近だけでも韓国内において、ビルや道路などが崩落、地下鉄事故がおこっております。)
パラオ人に犠牲者が出た。その後、日本のO­DA援助のもと、新しいKBブリッジが建てられた。その橋を建てるのに尽力した日本政­府への感謝の碑を発見。
韓国はこの崩落に関して何の賠償もしておりません。そして日本が救いの手を差し伸べ、12年前に日本のODA援助によって建てられた橋。別名・日本パラオ友好橋という。施工会社は大手ゼネコンの鹿島建設
992949_570582622964954_424321217_n


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

ジャーナリスト大川原 明 現地ルポ!親日国スリランカ・日本のODA援助感謝の碑

ジャーナリスト大川原 明 現地視察ルポ動画!
親日国・スリランカ!!この国は日本のODA援助(資金と技術)により道路や学校、橋­、空港等が建てられています。
いたるところにその感謝の碑があります。ラブラブ!ラブラブ!

この場所はコロンボか­ら110キロ程いったところにある南西部に位置するゴール市にかかっている橋です。にひひ
­ここは2004年12月のスマトラ沖地震の際に津波により数万人規模の死者を出したス­リランカ南西部の海外地帯である。この時、日本政府は多額の資金援助と橋や道路の修復­をしました。
これをほとんどのスリランカ人は知っており、感謝している。実際に多くのスリ­ランカ人と接して話してそれが分かっております。その感謝の碑であります。
戦後、日本は世界の数多くの国々にODA援助による資金と技術援助をし、各国の発展に寄与してきました。ラブラブ!
一部の反日諸国をのぞきそれら日本に援助に対して感謝をしております。ラブラブ!


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw