国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

タイ

【お薦め4つ星ホテル】タイ・バンコク・ソイ22のマーベルホテル!

立地、設備、サービス三拍子そろい、さらにお手頃価格!バンコク市内でそのようなホテルを探している方にピッタリのホテルがあります。バンコク市内BTSアソーク駅から徒歩10分程。立派なプールやジムもあり、部屋も高級感があり、サービスも良い「マーベルホテル」を、今回皆さんにご紹介します。

マーベルホテルはバンコク市内スクンビット大通りのソイ22にある4つ星中型ホテルです。BTS高架電車のアソーク駅から徒歩10分程の距離にあり、少し駅からは歩くものの立地的には良い場所にあります。

タイの有名デザイナーが内装を手がけており、5つ星ホテルに劣らない高級感があります。費用は、1泊1部屋プロモーション料金であれば1500バーツ~2000バーツ(日本円で5000円弱~7000円程)と日本のビジネスホテルと同じくらいの料金。1泊1部屋なので2人で宿泊すれば、1人あたりの価格は半額です。

付近にはバーやマッサージ屋なども充実しており、便利な場所にあります。また、敷地内には、イタリアンレストラン『Vino Vino』がありますので食事をする事も出来ます。

【ホテル詳細】
所在地 :30 SUKHUMVIT ROAD SOI 22, BANGKOK 10110 THAILAND
開業年 :1990年 改装年:2006年
チェックイン:14:00 チェックアウト:12:00
建物階数:18階 総部屋数:221部屋

部屋はスーペリアとデラックスとありますが、スーペリアは26~28平方メートル、デラックスは32平方メートルです。機能的に家具やアメニティーの多さからデラックスをお勧めします。タイの有名デザイナーがデザインしただけあり、デザインは凝ってますし、全室バスタブつきです。高層階であれば、部屋からの景色を楽しむ事が出来ます。

ホテル1階には、イタリアンレストラン『Vino Vino』があり、朝、昼、晩と営業しています。朝はバイキング形式の食べ放題となっており、朝食付き宿泊プランであれば利用できます。朝食無しのプランであってもレストラン入り口でスタッフに頼めば大丈夫です。支払いは部屋づけにできます。

料理は、数多くの種類があります。タイ料理、洋風以外にも日本人観光客が多いので、味噌汁や漬物を提供。他にインド人観光客も多いので、インドカレーも置いてあり品数豊富で飽きません。

ホテル内には大きめのプールやジム、マッサージショップ、ラウンジを併設しています。ホテルのプールで泳いだり、ジムで汗を流したり、日光浴を楽しむ事が出来ます。ちなみにホテルには無料Wi-Fiのサービスがあり、ホテル内のどこでもインターネットに接続する事が出来ます。

タイ王室シリキット現王妃の還暦を記念して1992年8月に出来た公園。大きな池が公園内にはあり、その周りは芝生で覆われています。多くの人々がジョギングや散歩を楽しんでいます。芝生にゴザを敷いて読書にふけるのもよし、友達同士であれば会話を楽しむのもよし。至福のひとときを過ごせるでしょう。

【タイの穴場ビーチリゾート】タイ・ランタ島・クロンニンビーチ!

【タイの穴場ビーチリゾート】タイ・ランタ島・クロンニンビーチ!Khlong Nin beach in Lanta island in Thailand

タイで外国人観光客の少ない静かなビーチリゾートがよければ
南部のランタ島をお薦めします。なかなか日本人が行かないランタ島ですが、海も綺麗でのどかさが残り、お薦め出来ます。

タイ・プーケット・パトンビーチのパトンパレスホテル併設タイ料理レストラン!

タイのビーチリゾートであるプーケット。
プーケットで一番賑やかなビーチがパトンビーチ。数多くの宿泊施設がありますが、この時はセカンドロード沿いにあるパトンパレスホテルに宿泊。
ホテル併設のレストランで海鮮料理を堪能。

【スターウッド系シェラトンホテル】タイ・ホアヒン・シェラトンホアヒン(リゾート)

アメリカのスターウッド系のシェラトンホテル。世界各国に展開する高級ホテルチェーンです。

タイ王室の保養として知られるホアヒン。
ホアヒンはタイのバンコクから200キロ程の所にある閑静なビーチリゾートです。
欧米系+タイの高級リゾートホテルが多くあるホアヒン。パタヤと比べると夫婦やカップルにお薦め出来るビーチリゾート。

そんなホアヒンに2008年にオープンしたシェラトンホアヒン。
敷地は広く、館内は非常に綺麗で。オンザビーチでビーチ。
レストランが3つ、バーが2つ、ジム、スパ、キッズクラブ等併設しており、施設も充実。

部屋はラグーンビューという上から2番目のカテゴリーを選択しましたたが、部屋のカテゴリーはガーデンビュー、ガーデンアクセス、ラグーンビュー、ラグーンアクセスとあります。

ちなみにラグーンはプールを意味しています。アクセスの部屋はバルコニーから直接プール(ラグーン)にアクセスできる1階に位置しています。ラグーンビューは2階の部屋でラグーン(プール)を見る事が出来ます。
建物は2階建てのホテル棟が続きます。
部屋は綺麗で、お洒落アメニティも揃っており、満足がいくリゾートです。ホアヒン宿泊の際にお薦めのホテルです。

【かつて居住したマンション】タイ・バンコク・プロンポン駅近くソイ26のタワーマンション

タイのバンコクに赴任していた時に、BTSプロンポン駅近くにある高層タワーマンションの部屋を借りていました。
タワーマンション(コンドミニアム)の名前はCondo one X。
部屋は28階建ての20階部分。
BTSのプロンポン駅から徒歩10分程。
ソイでいうとスクンビット大通りソイ26沿いKビレッジ日本街とプロンポン駅の間に立地。

マンションにはプールやジムが敷設されていたので、休みの日はよく利用。
プロンポン駅周辺には駐在員御用達のエンポリアムデパートやタイ料理、日本食屋お店があります。

タイで不動産を借りる場合、当然、日本との経済格差があるので安く借りれますが、バブル崩壊後、ここ25年、日本の経済は停滞気味の中、アジア各国は右肩上がりの急成長を遂げています。
労働者の賃金や物価の上昇率は高く、以前ほどは安さを感じなくなってきています。

欧州やアメリカに渡航!タイで航空券を購入するのが良いのか?バンコネ(タイから欧州、東南アジア諸国、アフリカ、アメリカ、オセアニア)

欧州やアメリカに渡航!タイで航空券を購入するのが良いのか?バンコネ(タイから欧州、東南アジア諸国、アフリカ、アメリカ、オセアニア)

番組をご視聴いただいてる方から下記質問をいただきました。

【質問】
タイでエアーチケット買うのが最も安く買えると聞きました、例えば ヨーロッパに行く場合なら タイに行き、 目的地のチケットを買う、 アメリカ西海岸に行く場合でもタイ経由のが安いのでしょうか? またスカイスキャナー等でタイ経由のチケットを購入した場合も同じメリットが得られるのでしょうか? よろしくお願いします。

【回答】
タイで航空券を買うのが最も安く買えるというのは疑問符がつきます。
日本⇔タイの航空券も必要になり、 タイ⇔欧州など2枚の航空券の合算すると、日本からの直行もしくは経由とたしいて変わらないか若干安くなる程度です。
方面によっては高くなりますね。

アメリカ西海岸に行くのであれば、日本から直行もしくは経由便で行ったほうが所要時間も費用も安いです。

バンコク支店にいた時に
バンコネ(業界用語でバンコクコネクション)の手配をしていましたが、それはタイまでは日本からの往復航空券
バンコク⇔東南アジアや南アジア、たまにアフリカ諸国というのは手配していました。

タイ周辺の国々の場合、日本⇔バンコク バンコク⇔周辺の国々と2枚の航空券にしたほうが安くなる事は
多かったからです。

ちなみに旅行会社を通すと現在扱っている航空券が航空会社が直売しているPEXチケット主流で
キャリア(航空会社)から手配手数料をもらえない(ノーコミッション)影響で、今は旅行会社は航空券に手配手数料を上乗せして売っているので、航空会社のホームページから直買するほうが安いです。

タイ・プーケット島!ナイハンビーチ!

タイの人気ビーチリゾートであるプーケット。
プーケット島には数多くのビーチがありますが、静かなビーチがよければナイハンビーチがお薦めです。

250CCのビッグスクーター・フォルサを借りてプーケット島を周りました。
パトンビーチ→カロンビーチ→カタビーチ→カロンビューポイント→ナイハンビーチ→プロンテープ岬→ラーワイビーチ→パンワ岬→プーケットタウン→パトンビーチ。

タイ・プーケット島!250CCのホンダフォルツァでツーリング!

250CCのビッグスクーター・ホンダのフォルツァを借りました。24時間レンタルで700THB(2300円ほどです)110CC ,150CCとありましたが久しぶりに250CC運転したくなりましたのでフォルツァにしました。あるお店でネイキッドもあったんですが、好みのものではなかったですし、アメリカンの店も発見出来ずで250CCのビッグスクーターに。

眺望の良い箇所や綺麗なビーチが多くあるプーケット
スクーターを借りて周ると効率的です。

中免(今は普通自動二輪)持っているので400CCまでは運転できますし、学生の時に車と併用してカワサキノ250CCのバリオスや50CCのスクーター、90CCのスクーターを持っていたので運転は手馴れたものです。

パトンビーチ→カロンビーチ→カタビーチ→カロンビューポイント→ナイハンビーチ→プロンテープ岬→ラーワイビーチ→パンワ岬→プーケットタウン→パトンビーチ。

タイでの滞在や入国回数が厳しくなった?1年で90日がビザ無しでいれる最大期間?

タイでの滞在日数が数年前に厳しくなり1年間に90日が目安となりました。これには審査官により判断が違ってきたリします。
何故このように厳しくなったのかの理由に関しても言及。