国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界遺産

アキーラさん世界見聞録!世界1周総集編映像!第4弾!東欧・ブルガリア共和国!

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

総集編映像は下記をご覧ください。

世界一周動画!第一弾!マルタ共和国!

52分の新動画アップ!こないだ訪問したマルタ共和国の動画をまとめて編集した52分の旅動画を作成。出発から帰国までを事細かに紹介。デロップをいれております。
これでマルタ共和国観光が丸わかりになる動画です。是非、ご覧ください!
ラバト、イムディーナ、コゾ島、ヴァレッタ、青の洞門、マルサシュロック、スリーシテ­­­ィーズ等を訪問。
ホテルはスリーマ地区にある4つ星のホテルであるウィンザーホテルに宿泊しました。
セントジュリアンの方面にも散策。
航空会社は、エミレーツ航空利用し、成田からドバ、キプロス経由でした。
マルタ共和国は、南ヨーロッパの共和制国家。イギリス連邦および欧州連合(EU)の加­­­盟国である。公用語はマルタ語と英語、通貨はユーロ、首都はバレッタ。地中海に位­置­す­る島国です。
イタリアのシチリア島から船で行くことも出来ます。
イタリア・シチリア島の南に位置する。面積は316km²で、東京23区の面積622­­­.99km²の半分の大きさである。
カルタゴ、共和政ローマ時代に既に地中海貿易で繁栄し、その後一時イスラム帝国の支配­­­に入ったこともある。それに抵抗して戦ったマルタ騎士団がこの土地の名前を有名に­し­た­。
小型犬のマルチーズの発祥の地であり、マルチーズの名はマルタに由来する。
日本との関係
1862年、1858年に英仏など5カ国と個別に締結された修好通商条約の修正を求め­­­て派遣された文久遣欧使節団が訪問している。
1917年6月11日に大破した駆逐艦榊の59人の戦死や傷病による戦死者の「大日本­­­帝国第二特務艦隊戦死者之墓」がある。
1921年4月、皇太子時代の昭和天皇が訪問している。
マルタは地中海の中央部、シチリア島の南約93kmに位置する。主要な島はマルタ島と­­­ゴゾ島、コミノ島の三つである。海岸線が変化に富むため良港が多い。地形は低い丘­陵­や­台地からなり、最高地点はマルタ島内の標高253mの丘陵である。
気候は地中海性気候のため、冬は温暖で雨が多く、夏は暑く乾燥している。

2015年12月3日~12月10日 欧州の小国マルタへの訪問

2015年12月3日~10日まで欧州の小国でイタリアのシチリア島の南側にある
小さな国マルタ共和国へ初訪問。

成田空港から出発。
マルタ行き航空会社は、エミレーツ航空です。
中東のUAEのドバイ乗り継ぎ、キプロスのマルナカ経由でマルタに。
目的地まで2回も経由するのは、14年程前、学生時代に学校のセミナー旅行以来です。
あの時は、成田からSK《スカンジナビア航空》利用し成田→デンマークのコペンハーゲン→ノルウェーのオスロ→ノルウェーのトロムソに行って以来。1日がかりで目的地に到着。
合計で7日間の旅ですが、現地4泊+機中2泊の計6泊7日です。
12316148_993357297354149_4247862299834228847_n
マルタ内では主要な観光名所を訪問しました。
訪問した場所は、イムディーナ、ラバト、スリシティーズ城塞都市ヴィットリオーザ、天然の見晴台セングレア、騎士団長の宮殿
アッパー・バラッカー・ガーデン、聖パウロ教会、ハジャーイム宮殿、マルサシュロック、青の洞門、コゾ島観光

マルサシュロックの港
12301739_994093820613830_6758892626275684983_n
アズールウィンドー
10409187_994509930572219_2064814495552836672_n
料理は、マルタ料理満喫。
マルタ風ローストビーフ、マルタ風ソーセージ、メカジキのグリル、シーフードプレート、ピーマンの肉詰め、リコッターチーズのラビオリ等を堪能。

12316456_994513593905186_7987833142950507574_n

フランス・モンサンミッシェル・名物オムレツ!

モンサンミッシェル名物のオムレツ。
平成26年(2014年)9月に2年ぶりにフランスを再訪。世界遺産のモンサンミッシ­ェルへ。
ついにモンサンミッシェルに!世界遺産のモンサンミッシェル修道院です。フランス北西­­部、パリからは300キロ以上離れております。本土から約1.6キロ離れた周囲約9­0­0メートルの島にある修道院。
8世紀に建設が始まり、11世紀~12世紀にほぼ現在の形になりました。
それによりロマネスク、ゴシック、ルネサンスの各様式が見られます。英仏間の100年­­戦争では要塞としても使用されました。
城壁の内側には15~16世紀の家並みが残ります。
堤防によりノルマンディー海岸と結ばれておりますが、付近の海域は干満の潮の差が激し­­いです。訪問時は干潮でした。満潮時は海中に孤立した感じになるのですが。
34年前に世界遺産に認定されました。

ちなみに、なぜ、モンサンミッシェルのオムレツが有名になったかというと
その昔、遠い遠い地から巡礼でやってきた民のお腹を満足させる為に考案され提供されてきたものから由来
しております。

ふんわりとしたオムレツです。
10612788_786847441338470_7069227120863954550_n

薄味でした。健康的です。

10322660_786847341338480_1521826643673542500_n

こちらがメイン料理の鶏肉です。
食べ甲斐がありました。
10649978_786847854671762_294581186499721091_n

カロリーは高い。

10384593_786847611338453_39228194129564601_n

締めのデザート・アップルパイ
10710651_786847918005089_1583127135051359979_n

過去に3度フランスを訪問し、毎回、モンサンミッシェルを訪問しようと
していたのですが、いずれも訪問できずにおりました。
しかし、今回の念願がかないました。
そして、せっかくですのでモンサンミッシェル名物のオムレツを食しました。
皆さんも是非、名物のオムレツを食してください。

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・モンサンミッシェルにて 9月24日





フランス・世界遺産・モンサンミッシェル

ついにモンサンミッシェルに!世界遺産のモンサンミッシェル修道院です。フランス北西部、パリからは300キロ以上離れております。本土から約1.6キロ離れた周囲約900メートルの島にある修道院。
8世紀に建設が始まり、11世紀~12世紀にほぼ現在の形になりました。
それによりロマネスク、ゴシック、ルネサンスの各様式が見られます。英仏間の100年戦争では要塞としても使用されました。
城壁の内側には15~16世紀の家並みが残ります。
堤防によりノルマンディー海岸と結ばれておりますが、付近の海域は干満の潮の差が激しいです。訪問時は干潮でした。満潮時は海中に孤立した感じになるのですが。
34年前に世界遺産に認定されました。
1546058_786857638004117_8500703479326690098_n

日系旅行会社のツアーに参加してモンサンミッシェル訪問しました。学生が結構おりました。他に、夫婦、親子、女性だけ、1人参加の方々等。
京都の女子大生と仲良くなりました。撮影係り、ボディーガードとして随行しました。まだ20歳です。若い。可愛らしく性格も良いコ達でした。
自分の学生の頃が思い出されました。羨ましいですね。歳をとったものです。時の流れはあっというまですね。
10561557_786862278003653_6462843307827306419_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・モンサンミッシェルにて 9月24日





ベネルクス三国・ルクセンブルク再訪

ベネルクス3国の1国であるルクセンブルクを8年半年ぶりに訪問しました。パリから日帰り訪問しました。国の人口は48万人強。国民一人当たりの国民総生産は世界一(人口少ないのもあり)。面積は神奈川県程。
アンリ大公がいる立憲君主国でルクセンブルク大公国。
首都ルクセンブルクの人口は8万人程です。のどかな風景が広がり、落ち着く事が出来る国です。
国民はドイツ系が主流で、ドイツ語系ルクセンブルク語が主に話されています。

下記は世界遺産に認定されている
ルクセンブルク市の古い町並み
10348386_785968768093004_1055158908596182970_n
要塞付近です。この要塞と古い町並みは世界遺産に認定
1743526_785979424758605_9095787041476508870_n
TGVでパリからルクセンブルク公国に向かっている車内で、日本人男性に「アキーラさんですか?動画アップされている?」と話しかけられました。いきなり声をかけられびっくりしました。
古いほうのYouTubeチャンネルは4年4か月前に作成したものですが、既に6000程の動画をアップしております。国内外を旅した主に旅に関する動画を紹介しております。
しかし、よく分かったなとびっくりしました。世界を訪問し、動画撮影、顔出しし、説明しているのはあまり日本人ではいないのもありますが。

出会いも偶然です。候補地として上げていたロンドン、アムステルダム、ブリュッセル行きの列車がとれずに第四候補であるルクセンブルクにしたわけですが、他のところがとれていれば出会えなかったわけですし、同じ列車、車両でなければ、出会えてなかったかもですね。出会いに感謝です。

10453314_785987691424445_533664245688290796_n

下記は市街地
10449910_785831331440081_8993432549225268392_n
平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
ルクセンブルグにて 9月22日





岐阜県・白川郷・合掌造り集落!

前から是非とも来てみたかった場所である岐阜の白川郷の​合掌作り。

ここは日本の田舎­ののどかな風景が広がってい​る。合掌造りの家は3階~4階建てで大きな家である。
庭­​には鯉のぼりが飾られていたり、地元の子供たちが遊ぶ姿​、池にはコイがおり、サク­ラも咲いています。
遠くを見渡せ​ば山々の景色が広がり、自分も含め多くの日本人が忘れ­て​しまった日本の伝統文化がここには残っています。

白川郷(​しらかわごう)は、岐阜­県内の庄川流域の呼称である。大​野郡白川村と高山市荘川町(旧荘川村)および高山市­清見​町(旧清見村)の一部に相当し、白川村を「下白川郷」、​他を「上白川郷」と呼­ぶ。今日では白川村のみを指すこと​が多い。

白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知ら­れる。​独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的​建造物群保存地区と­して選定、1995年には五箇山(相​倉地区、菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌­造り集落​として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

「世界遺産­白川郷合掌造り保存財団」などがその保​存にあたっている。毎年2月頃の週末には夜間­ライトアッ​プが行われます。

季節により趣が変わります。
鯉のぼりは4月下旬~5月にかけての風物詩です。

ベルギー・ブリュッセル・グランプラス・音と光のショー!

ベルギー・ブリュッセルの大広場である世界遺産のグラン・プラスを6年半ぶりに訪問。­­(夜は初めて)。王の家に入り(入場料5ユーロ)そこから市庁舎の景色を堪能。花壇­が­広場の中にあり綺麗であった。そこで夜になると30分に一回の割合で、素敵なショ­ーが­おこなわれた。5分少々であるが、感動した。
グランプラスは、ブリュッセルの中心地にある大広場。ヴィクトル・ユゴーが賛嘆したこ­­とでも知られるこの大広場は、世界で最も美しい広場のひとつと見なされている。19­9­8年にユネスコの世界遺産に登録された。
グラン=プラスは美しい広場であるが、華やかな歴史ばかりに彩られていたわけではない­­。1523年にプロテスタントの最初の殉教者たちであるヘンドリク・フォエス(He­n­drik Voes)とヤン・ファン・エッセン(Jan van Essen)がこの地で火刑に処された。

大同盟戦争中の1695年8月13日に、当時木造だった広場の家屋はヴィルロワ元帥に­­率いられたフランス軍の砲撃によって大半が破壊された。市庁舎の塔は砲撃の的になっ­た­が、石でできた壁は放火による火災に耐えた。広場を囲む家々は様々なギルドによっ­て石­造りで再建された。このため、市庁舎以外のほとんどの建物は、この時以降のもの­である­。

スペイン・バルセロナ・サクラダファミリア

スペインのバルセロナを2年ぶりに訪問した。
その際に前回と同じく­­世界遺産で天才・建築家のガウディ作のサクラダファミリアを再訪しました。

バルセロナ市の象徴的なものであ­­り、カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品であり、拡張市街地域に建てら­れ­ています。現在も工事中で日本人も携わっております。

これらは2­­005年にユネスコの世界文化遺産に指定されました。世界遺産認定後、さらに多くの観光客が
訪問するようになりました。
贖罪教会なので、作業の財政は喜捨に頼っております。そのために、別々の箇所を同時に建設­­することは出来なかったのだが、1990年代以降は訪問者の流れと作品の世評の高ま­り­が財政状況を好転させました。

10628577_779664418723439_2500445736265814040_n

平成26年(2014年)7月~9月 三回目の欧州周遊旅行
スペイン・バルセロナにて 9月7日





イタリア・ミラノ・ドゥオーモ

イタリアのミラノ。8年半ぶり2度目の訪問。ミラ­­ノと言えばドゥオーモが有名ですが、ドゥオーモを訪問。

都市の中心の同名のドゥオーモ広場に位置­­し、聖母マリアに献納されているドゥオーモであります。
ミラノのドゥオーモは500万人のカトリック信者がいる世界最大の司教区であるミラノ­­大司教区を統括する首都大司教の司教座聖堂であり、その大司教は2011年からアン­ジ­ェロ・スコラ枢機卿が務めております。

このドゥオーモ広場の南にヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアがあり、その­­まま ミラノスカラ広場(スカラ座)へ通じている。ドゥオーモの最初の石は1386年に大司­­教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノの領主 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの要求により、古代からあったサンタ・マリア・­­マッジョーレ大聖堂の場所に置かれた。 宗教改革による中断を経て最初の石が置かれてから約500年後の1813年に完成しました。
19世紀を通じて、尖塔と全ての装飾が仕上げられました。

第二次世界大戦中の1943年にミラノは爆撃を受けたが、この建物は連合国側の判断で­­爆撃を逃れました。
そして大戦が終わってすぐ、ドゥオーモは大部分を修復されると共に、­木­の扉を青銅製に取り替えられました。

10653624_776080865748461_8034541882286644476_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
欧州 イタリア・ミラノにて 9月1日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw