国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際情勢

北朝鮮の金正男問題!マレーシアでは大使館への抗議活動が?北朝鮮の対外事情に関して言及!

北朝鮮の金正男静粛問題に関して言及!
北朝鮮・金正男静粛!マレーシアのクアラルンプールの北朝鮮大使館前で抗議デモ!北朝鮮と他国の関係に関して言及!

世界を渡り歩き、現地踏査していると、北の人間を見かけます。顔立ちは南と同じなのですが、話している言葉に北訛りがあるのでわかります。
意外にも多くの国々と国交のある北朝鮮。
マレーシアには北朝鮮の人間でも査証なしで入ることが出来ます。

北朝鮮と国交のある国は世界で166か国。国交断絶は4か国。他は国交を結んでいない。
国交のある国々では北の機関があり、北朝鮮政府直営レストランも各地に展開(しかし、拉致や核開発で国際非難が強まる中、閉店に追い込んでいる国は多い)

10月に訪問したモンゴルは北がかなり入りこんでおり、日本からの資金が・・マネー・・・・・・され、北に流れ・・・

タイ・チャーン島のビヤホイ!パレスチナ人男性との交流

I made a friends with a Palestinian in the bar area in Chang island.

パレスチナ人。チャーン島のヒヤホイで酒を飲み、ビリヤードをしていたら参戦してきたパレスチナ人男性。英語で会話していると、出身はどこ?Which country are you from? と聞くと「パレスチン」といったのでどこだ?スペインのどこかか?と思ってしまいましたが、エルサレムと言ったので、あーパレスチナとしばらくした後に分かりました。

最近、ユダヤのイスラエル人と出会うことが多いのですが、戦後、アメリカに意向を伺うように行動している日本(一部の他国民からはアメリカの犬と揶揄されている。)はアメリカと同じくパレスチナを国として認めず(パレスチナを国として認めているのは136か国)、パレスチナ自治政府と呼んでいますが、彼らパレスチナ(アラブ)人からすれば独立国としての認識があります。

やはり、ユダヤに関してはよく思っていないようです。
日本はパレスチナを国として認めていないものの(セルビアとコソボの関係にも似ている)、パレスチナの地位格上げは承認しています。(アメリカやカナダ、先の大戦でユダヤ人に負い目を感じているドイツは、格上げも反対)

パレスチナ問題に関しては、パレスチナ、アラブ人達も可哀想ですね。いくらユダヤ人が2000年以上前に住んでいた土地とは言っても、その後、長年すんでいたのはアラブの人々。
それを無理やり、シオニズム運動を展開し、ユダヤ人が押し寄せ、アメリカで力があるユダヤ系がアメリカを動かし援助をし、中東戦争を優位に進め、イスラエル建国。
多くのパレスチナ人が被害にあい、難民も多く出しました。

日本はパレスチナにもODAの援助をしています。パレスチナ人は、戦後の日本はアメリカ追従体勢であることを知っていても、日本に対しては感情が良い人々は多いです。
16649035_1324052877617921_5263316332606942858_n

タイ・バンコクの北朝鮮政府直営レストラン「平壌アリランレストラン」

バンコク市内にある北朝鮮政府直営レストランを訪問。

今までにタイのバンコク、ベトナムのホーチミン、バングラデシュのダッカの店舗を訪問。

バンコクの店舗は以前にBTSプロンポン駅近くスクンビット通りソイ26にあったのですが(Kヴィレッジと日本街の手前)、前回訪問時に営業していませんでした。

タイ人も複数名、北に拉致されているので政治的圧力があったのかと思ってましたが、調査していくうちに、某人から移転したという情報をいただき昨日、潜入しました。

場所はBTSオンヌット駅から歩いて15分程の場所にあります。オンヌットロードのソイ8。

現状、日本と北朝鮮と国交がありません。そして北朝鮮は日本人を数多く拉致した国で仮想敵国でもあります。

※通常であれば北に資金援助をするのはよくない行為ですが、調査潜入ですのでご了承ください。

しかし、仮想敵国とはいえども、海外に多く展開している北朝鮮料理のお店の収益は北にとり貴重な外貨獲得元の一つ。日本人だと分かってもいわゆる営業の笑顔と対応は出来ています。

中に入ったのは19時頃、21時近くまでいましたが、誰も客は来ませんでした。前回訪問時も客が自分いれて3組しかおらず、収益はあがっていないと感じたものです。(赤字か?)

家賃が高いから郊外に移したのかを聞き忘れましたが、あえて外国人居住者が少ない郊外を選んだようです。

前回1年3か月前に訪問時に比べ、店は小さくなり、従業員の数も少なくなりました。マネージャーは変わらずで、対応したのは22歳~25歳と思われる北朝鮮の女性。(日本ではいわゆる在日朝鮮人や帰化、混血の人々と接する機会はあっても、北の本国からの人間と話しをすることは日本では難しい。)

英語が出来る彼女でしたが、英語でいろいろ聞きました。平壌出身で3年程、タイに住んでいるうです。
店の中にテレビがあり、北朝鮮の観光名所等が紹介されていたのですが、スキー場でスキーを楽しんでいる人々が。この彼女もスキーが好きとの事でした。

通常であれば北の情勢も伺いたいとこですが、監視社会、自由がない国ですので、本当のことを言えば立場が悪くなるので真実をいわないでしょう。

こちらも社交辞令でそういった話題は避けるようにしました。

いわゆる朝鮮半島の人々は日本人とは顔が違うのですぐにわかります。(目が一重で釣りあがる、エラ張り、顔の輪郭が四角い、目の下に隈が出来る、平たい顔立ち、肌の色が白い等の特徴がある。=世界を周り、海外100か

海外に出れる北朝鮮人は、ある程度の家柄でなければです。労働党である程度の要職についている人々の子弟など。教育も受けて、英語等の語学にも長け、女性であれば、容姿も重要視される。

容姿は選ばれているだけあると思いました。そして対応もよく、表情も良い。

私は少し朝鮮語を話せるので、朝鮮語も時折混ぜて会話。向こうも日本語を少し話せるので日本語を話してきました。

日本の歌もなぜか流れていました。(何の歌か判別できませんでしたが)

いろいろ話しをつめていくと2階がカラオケのようで、日本の歌も歌えるとの事でした。いわゆる北の女性をつけて。

タイ人の多くに北朝鮮の料理屋に行ってきたと伝えると、北朝鮮、危険!という認識の人ばかりでした。やはり、この国でも北に対しては危険という認識があるのか。なので、なかなかタイ人も利用しないのか。(一定以上の層なら利用できる価格)
16473489_1314713961885146_7832232295502614741_n

ベトナム夜の歓楽街】ベトナム・ホーチミンのガールズバー!

【ベトナム夜の歓楽街&風俗】
ベトナムの商都と呼ばれるホーチミン市。かつてはサイゴンと呼ばれていた都市でした。ベトナムの首都のハノイよりも自由で栄えています。
ホーチミンには今世紀に入り、可愛い女の子が働くガールズバーが続々とオープン。
ベトナム語もしくは英語が話せれば彼女たちと意思疎通が出来ます。

当時東洋一!台湾で今でも尊敬される八田興一が建てた「烏山頭ダム」

親日家が多い事でも知られる台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の一人が日本人技師である八田興一です。八田興一が台南市に建てた烏山頭ダム。ダムは1930年の完成当時に東洋一の規模を誇るものでした。烏山頭ダム建設による灌漑整備によりダム周辺は台湾最大の穀倉地帯になりました。

今回は、台湾の教科書に載るほど台湾の人々に尊敬されている八田興一が建てた烏山頭ダムをご紹介いたします。

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。
↓↓↓↓↓
たびねす記事

南の楽園?フィジーの治安は?悪い?日本人女性が被害に?強姦未遂?強盗多発?

南の楽園?フィジーの治安は?悪い?日本人女性が被害に?強姦未遂?強盗多発?国際ジャーナリスト大川原 明!言及

親日国フィンランドとは?東郷ビールとは?現地訪問にて直接体験した事?

親日国フィンランドを訪問し、10日程滞在しました。
行った場所は首都の­ヘルシンキ、古都のトゥルク、タンペレ、サンタクロース村で有名なロヴァニエミ。

しばらく滞在して気がついた事は、笑顔で接してくれてかなり親切であるという事です。
フ­ィンランドの前はスウェーデンにいたが、人々は親切であった。しかし、そこと比べても­何かが違う。

道が分からなければ目的地まで連れて行ってくれたり、写真を撮影を手伝っ­てくれたり。何かを感じていた。ここにくるまで、フィンランドが親日国であると知らな­かったのですが。

首都のヘルシンキ市内にあるとあるバーに行った時の事、突然、60代と思われるフィンランド人男性に話しかけられ、「TOHGO?」と言われました。トウゴウ??­なんで日本人の苗字をいっているのか不思議であったが、話しをしていくうちに真実を知­りました。

そしてなぜ親日なのか??それはフィンランドの歴史的な背景が裏にあります。
かつて­、このフィンランドは、大国ロシアに支配をされていた時代がある。日露戦争で、我々日­本人は、有色人種で初めて白色人種を負かした戦いであった。この日露での勝利が、アジ­ア、アフリカだけでなく当時、帝政ロシアの支配下にあったフィンランド、バルト3国、­ロシアの強い影響下に置かれていた東欧各国に勇気と希望を与えました。

日露ののちにフィン­ランドは独立戦争を起こし、ロシアからの独立に成功する。第二次世界大戦中は、日独伊­と同じ枢軸国として日本の同じ陣営で戦う。(主に対ソ連)この国ではかつて、東郷平八­郎元帥のラベルが現地のビール瓶に張られ、英雄視されていたほどであります。
日本人からの­通称は東郷ビール!フィンランドではアミラーリと呼ばれるビールであります。
アミラーリのビールにはフィンランド­や他国の著名軍人をラベルに貼っていました。そのうちの一つが東郷元帥。

東郷元帥は日露の英雄。当時、日露で極東の小さな国である日本が大国ロシア(フィンラ­ンド、東欧、バルト3国、トルコ等がその力に悩まされていた。)に勝利をし、それに感­銘を受けたフィンランド人。

東郷平八郎元帥を敬い、ラベルにした。現在では東郷ビール­は生産していない。しかし、日本で生産しておりインターネットで買う事が出来ます。
日本­の文化、製品も多く入り、親日、知日派が多い。実際、この国に10日程滞在して、多く­のフィンランド人と出会い、交流しましたが、それを感じました。
最近の若者は東郷元帥に関して­知らない人も多くなったが、50代以上の多くの人々は知っているようです。

【海外日本関連物】タイ・バンコク・東京条約締結後に建てられた戦勝記念塔

戦勝記念塔とは、タイ王国のバンコク、ラーチャテーウィー区にある記念塔である。

1940年に起こったタイ・フランス領インドシナ紛争でフランス軍と戦って戦没したタイ王国軍兵士を慰霊するために、1941年にタイ王国の首都、バンコクに建てられた。
東京条約が2国間で結ばれ、日本がかんせんした。東京条約(とうきょうじょうやく)はタイ王国とフランス(ヴィシー政権)の間で勃発したタイ・フランス領インドシナ紛争の結果、日本の仲介により東京において1941年5月9日に締結された条約。
第二次世界大戦下において勃発した、友好国同士の紛争による両国の国力の疲弊を憂慮した日本による仲介が行われた結果、停戦と領土問題の解決を含む条約が結ばれ、これをもって紛争は終結した。

条約の結果、タイ王国は当初の要求通りフランス領インドシナのラオスメコン川右岸及びカンボジアのバッタンバン・シエムリアプ両州を獲得し、事実上の戦勝国となった。
しかし、その後第二次世界大戦に枢軸国として参戦したタイは1945年8月の終戦により敗戦国となったため、フランスに返還した。しかしフランスも第一次インドシナ戦争に敗北したため、これらの地を独立したカンボジアとラオスに引き渡した。

バングラデシュ・ダッカ中心街のデモ(ホッタール)の様子!

バングラデシュの首都のダッカでは毎日のようにホッタールと呼ばれるデモがおこっています。現地実録映像!最近ではIS系の活動も盛んになってきています。