国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際情勢

神戸港到着の中国からのコンテナに強毒「ヒアリ」が!神戸市内で100匹発見!

環境省は18日、強い毒を持つ外来種のアリ、「ヒアリ」が神戸市のポートアイランドのコンテナヤードで見つかったと発表した。約100匹がアスファルトのはがれた亀裂部分にいたという。5月26日に兵庫県尼崎市で、中国からの貨物船で運ばれたコンテナ内部で見つかったヒアリとの関連を調べている。

 環境省によると、今回のヒアリは、中国からのコンテナが一時保管されていた場所の近くで見つかった。16日、環境省職員らが発見し、数匹を採取。18日にヒアリと確認した。殺虫剤をまいて緊急防除をしたという。

 ヒアリは赤茶色で体長2・5~6ミリ。人が刺されるとやけどのような激痛が走る。毒針で何度も刺すほど攻撃性が高く、かゆみや動悸(どうき)などが引き起こされ、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるという。

 これを受けて神戸市は対策本部を設置、周辺での生息調査を強化し、住民らに注意を呼びかける。
【ヒアリに二度さされた経験者が語る】
南米原産のヒアリ(英語名Fire Ant)が神戸港で見つかり話題となっています。(中国からのコンテナということで故意にやられた可能性も否定は出来ませんが=FBFのなかで中国共産党が工作!故意にやった!とコメントを入れる方がいそうですがW)
このヒアリに二度刺された事がある自分です。
場所はどこかというとオーストラリアのブリスベンとゴールドコーストです。
2002年にオーストラリア留学中にブリスベンのホームステイ先の公園の芝生で横になり昼寝していたところ、突然、煙草の火を押し付けられたような強い痛みに襲われました。
「いて!!!」と思わず叫んでしまったのですが、みるとこのアリが。
アリに刺されて(かまれて)、こんなに痛い思いするのは初めてで何だこれはと思い、聞いていくとFire Antでした。和名でヒアリ(火蟻)。
しばらく腫れて痛みが続ぎました。
その数か月後、ゴールドコーストの海岸のビーチ沿いの道路のわりと近いところで日光浴していたら、同じくヒアリにやられた自分です。
その時は近くに草むらがあったのですが、そこに巣があったようです。
それ以降、公園の草むらで横になり、昼寝はしないようにしましたし、海岸でも道路から近い草むらが近くにあるところでは横にならないようにしました。
半端ない痛さですが、中には亡くなる方もいるようです。
拡散力があるアリですが日本の行政機関は優秀ですので、かつて広まり、撲滅に成功したNZのように拡散せずに撲滅する事を願います。
ちなみにオーストラリアでは2002年に刺されたのですが、オーストラリアで最初に確認されたのは2001年。すごい繁殖力だと思いました。

平成29年(2017年)6月10日・東京都杉並区阿佐ヶ谷・プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード公開収録にゲスト出演(共同開催)

【詳細】
プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード公開収録

日時:平成29年(2017年)6月10日(土曜日)19時~
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
JR中央線阿佐ヶ谷駅近く

お題:激動の時代を迎える世界
海外の治安と危険回避方法
国際事情に関して


講演会参加者は27名(会場が24名の小さい会場だったので定員超過でした)
講演会後に阿佐ヶ谷駅近くの居酒屋で懇親会を開催しました。
21時~開始しましたが深夜2時30分頃まで談笑しました。

講演会参加者の方々との交流(私のYouTubeチャンネル登録者中心)

中国において日本人6名がスパイ容疑で拘束&海外渡航時の行動&撮影の注意点

【中国において日本人6名がスパイ容疑で拘束&海外渡航時の行動&撮影の注意点】
中国において日本人6名がスパイ容疑で今年3月に山東省や海南省で拘束されていた事が発表されました。
(数年前にに拘束された日本人5名は未だに拘束されたままです。)
中国では日本式の温泉施設(いわゆるスーパー銭湯)がブームになっています。
今回拘束された6人は、地元の温泉開発会社の要請をうけて技術協力というかたちで政府当局から許可を得て地質調査に携わっていました。
今回の件は全くもってスパイ活動ではないと断言できますが、技術援助で訪れた技師にスパイ容疑をかけるのは国際的信用をさらに失墜させる結果になるでしょう。
2014年に中国国内で「反スパイ法」が制定されましたが、
この法律の定義は曖昧で当局役人の判断に任されている
といっても過言ではありません。
共産社会主義国家ではいわゆる賄賂は横行しています。
役人の汚職はひどいものです。賄賂を支払わなければ
逮捕、拘束もありえるのです。
スパイ容疑をかけられた5名(これが日本の諜報員(スパイ)であるか否かに関しては関係上、言及を避けますが)のうち4名は裁判公判中。しかし、秘密主義の共産社会主義国家ですので裁判の詳細は明らかにされてません。
今回の件で、中国から他国(主に東南アジア)へ生産拠点を移す日本企業はさらに増すでしょう。中国に駐在、赴任を命じられたら拘束される心配もつきものですから。
今回、皆さんにお伝えしたいのは
海外渡航時の撮影の注意点です。私は国内外で調査活動をしており、画像、映像双方での撮影をしています。
活動に支障をきたすのでどこの国で何があったとはいえませんが、複数の国で短時間ながらも拘束された経験があります。
まず海外での撮影に関しては
軍施設、軍車両、軍人を許可なく撮影するのを禁止している国々はかなりの数を占めます。
軍関係以外に、政府機関、空港、港湾なども国と都市、場所により禁じてます。もし撮影してしまうと知っている知らないに関わらず逮捕拘束される可能性は高いのです。
なので海外渡航の際の撮影にご注意ください。
私は国内外での調査と撮影をしています。
プロの自分としては上記写真のように特殊機材と特殊技術を用いれば撮影は出来ます。(今までも数多くの場所で撮影をしてきました。)いつも覚悟の上で撮影をしています。
現地で得てきた情報提供&映像画像提供も随時しています。
写真はフランスのパリを再訪した際に、パリ北駅構内で撮影した写真。フランスの諜報機関であるDGSEが事前にイスラム過激派がパリに潜入しているという情報を得ていたのですが、爆弾テロを警戒していまいた。
この数か月後にパリで大規模なテロがおこりました。
駅や地下鉄などの公共施設は軍が警戒していましたが、それが手薄な民間施設が標的になりました。
幸いにも日本は世界の数多くの国々と友好関係を結び、外国人の日本人に対しての信頼度は非常に高いです。
しかし、日本はアメリカの属国、アメリカに操られていると思っている国々も少なくはなく、主にイスラム系の国々、イスラム過激派の中では潜入してきた日本人をCIAのスパイと思う人々がけっこういます。(実際にCIAのスパイと化した日本人が日本には数多くいるのは事実)
CIAのスパイと疑いのある人々が先日、処刑されましたが。
話しは変わりますが、昨日、タイのバンコク、イギリスのマンチェスターにおいて爆弾テロがあり多くの方々が亡くなりました。タイのバンコクに関して軍の病院を狙った事から現在の軍事政権に不満を持つ国内の政治集団の一味の仕業と思います。(タイはタクシン派VS反タクシン派の政治的争いがここ数年おさまっていたのですが)
イギリスのマンチェスターの件に関しては
イスラム過激派のテロ(ISILのテロ濃厚)でしょう。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
このような卑劣な行為を遺憾に思います。

6月10日(土)19時~!東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター!激動の時代を迎える世界!海外の治安と危険回避方法!

前に告知させていただいた
東京都心での講演開催決定しました。
詳細は下記です。

【詳細】
日時:平成29年(2017年)6月10日(土曜日)19時~
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
JR中央線阿佐ヶ谷駅近く

お題:激動の時代を迎える世界
海外の治安と危険回避方法
国際事情に関して     2時間ですが、講演会後に近くの居酒屋等で懇親会を開催。

小さい会場の関係上、先着20名とさせていただきますが
参加希望の方は氏名と連絡先を明記の上、下記Eメールアドレスまでご連絡ください。

E-mail:last-samurai-akira@hotmail.co.jp

それでは参加をお待ちしています。

親日国パラオ・日米激戦地ペリリュー島で旧日本軍の戦車 !

第一次世界大戦に連合国として参加した日本は、第一次世界大戦では戦勝国となり、敗戦国となったドイツの植民地であったパラオは、第一次世界大戦の戦後処理をするパリ講和会議によって、パラオはドイツの植民地支配を脱し日本の委任統治領になりました。

30年近く日本の統治下であったパラオですが、ドイツの統治下ではほとんど進んでいなかった学校や病院、道路などのインフラ整備を進めるとともに貨幣経済浸透と日本語教育がおこなわれました。

ペリリュー島は、旧首都がおかれていたコロール島の南西に位置している面積はおおよそ13km2の小さな島です。

昭和19年9月15日米軍によるペリリュー初上陸が行われました。
(海岸からの戦­艦等によるに艦砲射撃後がおこなわれたあとに上陸作戦が開始)。

米軍の計算では数日で陥落させる予定­が、一斉の日本軍の射撃、砲撃にあり反撃をくらい小さな島であるが陥落までに2か月以­上を要しました。

日本軍の死者約11000人、米軍の死傷者約8000人。
アメリカが攻めて来るのを事前に察知し、戦闘にペリリュー島民を巻きこまないように、­島民を本島のほうへ移しました。しかし、そんな中、一部のペリリュー島民はペリリュー­島決死隊を結成し、日本軍と一緒にアメリカと戦いました。

21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所

WEBの旅メディア「たびねす」に記事寄稿!
今回のお題は、21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所
21世紀最初の独立国である東ティモール。インドネシアの東にある小さな共和国です。1999年の東ティモール紛争、2006年~2008年の国内政治混乱で治安が悪化していた国ですが、2010年以降は政情が安定しています。国内には綺麗なビーチや山が多くあり、これからの観光開発に期待がもてる国です。
今回は皆様に、地球の歩き方でも扱っていない「東ティモール」の首都のディリで訪れるべき場所をお伝えします。

記事は下記をクリックして

ご確認ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事