国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際情勢

台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮!世界を周ってきた大和男児アキーラが語る日本が素晴らしいと思える出来事!第7話!

台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮!世界を周ってきた大和男児アキーラが語る日本が素晴らしいと思える出来事!第7話!

親日家が多い台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の1人が森川清治郎巡査です。日本統治時代1897年に渡台し、嘉義県副瀬村の派出所勤務となった巡査は、治安改善や教育改善等、村の発展に貢献。村の中心にある富安宮は、森川巡査が亡くなった後に巡査を慕う地元の人々により建てられ、巡査は土地神として祀られています。

今回は、台湾の人々に尊敬されている森川清治郎巡査が祀られる富安宮をご紹介いたします。

土地神として富安宮に祀られる森川清治郎巡査

土地神として富安宮に祀られる森川清治郎巡査

写真:大川原 明

地図を見る

台湾中西部の木材や製糖業が盛んな産業都市である嘉義市。嘉義の鉄道駅からタクシーで30分程西に進んだ所にある東石郷副瀬村に、日本人の森川清治郎巡査が土地神として祀られる富安宮があります。

日本ではほとんど知られていない森川巡査ですが、台湾では多くの人々が知っており、尊敬しています。毎日のように観光バスが押し寄せ、多くの台湾人が富安宮を訪れています。

※タクシーは、嘉義の鉄道駅前にとまっているメータータクシーを利用し、運賃は700~800元程。帰りは、富安宮周辺にタクシーはとまってませんので、富安宮の管理人にたのみタクシーを呼んでもらいましょう。

村の発展に貢献

村の発展に貢献

写真:大川原 明

地図を見る

日本統治時代1897年(明治30年)に台湾に渡り、嘉義県東石郷副瀬村の派出所勤務となった森川巡査は、当時治安が悪かった村の治安改善に尽力しました。また、識字率が非常に低かった村において、教育の重要性を認識し、私費を投じて、日本から教材を取り寄せ、教師を雇い寺子屋を開き、識字率の向上に貢献しました。

自らを顧みず海で溺れかけている村人を助ける

自らを顧みず海で溺れかけている村人を助ける

写真:大川原 明

地図を見る

ある時に、海の岩場に取り残されて身動きが取れなくなっている村人がいました。森川巡査は、自らを顧みず危険な海に入り負傷しながらも村人を助けました。こういった自己犠牲の精神は村人達の尊敬される要因になったのです。

責任を感じ自決した巡査

責任を感じ自決した巡査

写真:大川原 明

地図を見る

台湾総督府が村に漁民税を制定した際に、役所に減税を求めるも聞き入れられず叱責を受けたのですが、村人の要望に応える事が出来なかった事に責任を感じ、巡査は拳銃を使い自決しました。後に巡査を尊敬していた村人達により富安宮が建設され、巡査は巡査は土地神として祀られたのです。

巡査の死後、1923年に副瀬村や近隣にコレラ脳炎などの伝染病が流行しました。当時の村長の夢に巡査が現れ、「環境衛生に心がけ、飲食に注意し、生水、生ものを口にせぬこと」ということを告げられました。内容を村民に伝え、村民がこれを守ったところ、伝染病の流行を免れることができたのです。

日本統治時代に開園した嘉義公園

日本統治時代に開園した嘉義公園

写真:大川原 明

地図を見る

富安宮と併せて訪れていただきたいのは、嘉義市内にある日本統治時代1911年(明治44年)に開園した嘉義公園です。公園内に嘉義神社が置かれたのですが、今も当時の社務所や灯篭、手水舎が残ります。社務所は嘉義史跡資料館になっており、貴重な資料が展示されています。

公園内には射日塔と呼ばれる12階建てのビルが公園内にあるのですが、展望台から嘉義市内の景色を見る事が出来るので展望台にのぼってみるとよいでしょう。公園の敷地は広大ですので、脱水症状にならないようにお水を持参することをお薦めします。

※嘉義公園は嘉義の鉄道駅から徒歩25分程。歩いていけないこともないのですが、タクシーを利用するとよいでしょう。

映画「KANO」の関連地としても知られる嘉義

いかがでしたか?台湾で尊敬される日本人の1人である森川巡査が土地神として祀られる富安宮。是非とも訪れていただきたい場所です。

嘉義県は、2014年の台湾映画「KANO」の舞台としても有名です。「KANO」は、日本統治時代に嘉義市に実在した嘉義農林学校野球部が昭和6年(1931年)の日本の甲子園大会で準優勝を遂げた実話を元に製作された映画です。せっかくなので映画「KANO」の関連地も併せて訪れるとよいでしょう。

【訪日外国人観光客による医療費未払い問題】2割の医療機関で訪日外国人患者の医療費未払い、回収は困難!

訪日外国人数増加により日本各地で外国人を見かけるようになりましたが、様々な弊害を生んでいるようです。
そのうちの1つが外国人観光客による医療費未払い問題。
保険加入せずにくる外国人旅行者が多く、保険未加入の状態で日本で病気になり、日本の医療機関を利用。
治療を受けた後に逃亡したり、料金踏み倒し、料金を値下げするように交渉していくる外国人が多いとのこと。

旅行会社勤務時に、海外での病気になった場合、高額医療がかかる可能性がある事を示唆した上で
海外旅行傷害保険を販売していました。
クレジットカードの保険だと治療救援費用の上限が100~300万だと
それを上回る可能性もあり、別途で治療急変費用が無制限の保険に加入するべきだと思います。

外国人観光客による医療費未払い問題に関して
他国と同じように先払い(カード支払いなど)をさせるように徹底することが
これら被害を最小限に食い止める秘策であると思います。

【以下、雑誌SAPIOの記事】
中国人観光客を筆頭に日本を訪れる外国人が増え続ける中、医療現場では外国人患者をめぐるトラブルが起きている。最近目立つのが、旅行中にケガや病気で病院を受診した観光客による医療費の“踏み倒し”だ。ジャーナリストの西谷格氏がレポートする。

 * * *
 都内の病院関係者が、ため息混じりに言う。

「足の骨を複雑骨折した中国人女性を治療した際、入院中に保険証の提示を求めたら口ごもり、スタッフが目を離した隙に松葉杖のまま逃げられてしまったことがあります。約170万円の入院・治療費がかかっていました」

 いま日本の医療現場は、外国人患者による医療費の“踏み倒し”などさまざまなトラブルを抱えている。

 関西の空港近くにある病院では、観光目的で来日し心臓病を発症した中国人男性(当時72歳)に対し、緊急手術を実施。男性はその後死亡し、同行していた妻に手術代などの治療費を請求することになったが、ほぼ全額の660万円が未払いのまま踏み倒されてしまった。

 訪日旅行中に病院を受診した中国人患者の中には会計時に「もっと安くして」と値切る者が珍しくなく、「金儲けのために本来は必要ない検査をして治療費を釣り上げたのだろう!」と窓口で声を荒げ支払いを拒むケースすらあるという。

 中国国内の病院は先払いが原則で、支払いを済ませないと治療を受けられない。診療後に費用が請求される日本とは仕組みや考え方が180度異なるため、かの国の人々が日本の病院を受診すると、当然のようにトラブルが起きるのだ。

 医療費をめぐるトラブルは日本を訪れる外国人観光客の3割近くを占める中国人のケースが目立つが、他の国からの旅行者のケースも報告されている。

 関東のある病院では、腹痛を訴えるメキシコ人男性にレントゲンやCT検査をしたが、終了後に「お金がない」と言われ約3万円を踏み倒された。関西では緊急搬送されたトルコ人が約60万円の医療費を払わずに帰国した例もあった。

 近畿運輸局が今年3月に発表した調査によると、大阪府内の147の医療機関のうち、約2割の医療機関が訪日外国人患者の医療費未払いを経験している。こうして踏み倒された医療費の回収は困難を極め、ほとんど泣き寝入りするしかないのが実情だ。通訳を呼んで国際電話で催促しても効果は薄く、母国に“逃亡”されるとお手上げに近い。

 国際医療福祉大学大学院の岡村世里奈准教授が解説する。

「外国人観光客の多くは保険証を持たない無保険状態で、しかも日本語ができない。日本の医療機関にとって、今まで経験したことのないタイプの患者です。旅行客の増加に伴い外国人患者が急激に増え、どの病院も同じような問題を抱えています。診察前に概算金額を提示するなど、対策が必要でしょう」

 政府目標は2020年に外国人観光客数4000万人を掲げている。医療現場は対策を迫られている。

タイ移住?タイでリタイアメントビザ取得とコンドミニアムの借り方!

番組をご視聴いただいている方から下記
質問をいただきました。
↓↓↓↓↓
いつも拝見させてもらってます。参考になります。
タイ国のリタイアメントビザの取り方とコンドミニアムの借り方、ご存知でしたら詳細情報等お教え下さいませ。

(回答)
タイは日本人にとっても人気の国。
会社を退職後にタイに移住したい方々も多いです。
その際に取得すべきビザはリタイアメントビザです。

50歳以上でタイの銀行口座に最低80万バーツ以上の貯蓄照明が必要。自身でもとれますが、業者に頼んだほうが楽ではあります。

タイで査証(ビザ)無しロングステイするにはどうすれば?タイ政府が厳格化??秘策は?

番組をご視聴いただいている方から下記質問をいただきました。
↓↓↓↓↓
タイにロングステイ(60~90日間)何が必要ですか?
航空券も往復必要ですか?教えて下さい。

(回答)
一時は観光目的での30日間の滞在がきれると隣国にいき、再入国するというかたちで再度30日滞在できるようにしている人々が多かったのですが、悪さをしたりする日本人が増えたのもあり、数年前からタイの政府が厳しくなりました。
⇒「ビザなしで出入国を繰り返す」行為が「観光目的ではない」、として厳しく取り締まられることになります。
初めてタイに入国する場合、その目的が、観光かそうでないかは入国管理官でも判断が難しいので、「繰り返しているかどうか」が判断基準になります。
⇒この場合、入国審査官に怪しまれないためには出国の航空券をもっていたほうがよいと思います。

それが心配な場合は、
ビザ(査証)の取得です。
料金や条件は下記を参照してください。日本国内であれば大使館(東京)、領事館での取得。第三国の場合も同じくです。

入国回数シングル6ヶ月マルチプル査証有効期間
(発効日から)3ヶ月6ヶ月入国ごとの滞在可能期間
(タイ入国日から)60日60日
(1回ごと)査証審査料4,500円22,000円必要なパスポート残存期間
(タイ入国日から)6ヶ月以上

海外渡航(旅行)時に予防接種(ワクチン)は必要なのか?黄熱病、肝炎、狂犬病、破傷風など!

海外渡航(旅行)時に予防接種(ワクチン)は必要なのか?黄熱病、肝炎、狂犬病、破傷風など!

ブルネイ王国をめぐる国際詐欺事件!被害者多数!被害額は50億以上?両国ブローカーが暗躍?

ブルネイ王国をめぐる巨額詐欺事件!
被害者は数住人、被害額は50億以上!?
PGバーリンと呼ばれるブルネイ王室の血を引くと自称するブルネイ人と大阪西区に本社があった会社の日本人ブローカーによる大規模な詐欺事件。

この件に関して、ツイッターで英語で発信したところ、現地警察から連絡が。しばらくやりとしていたが返信がなくなったとのこと。
この詐欺事件に関して在日ブルネイ大使館に相談するも真面に取り合ってもらえないとのこと。

【被害者の1人からいただいた被害の真相】
2008年の夏頃、私はPGバーリンが役員を務める株式会社サンライズテック高島貞幹と知り合いました。
その高島は、「私はブルネイという国で仕事をしており私と一緒にブルネイに行ってほしい。」と言い、知り合って3ヶ月後にブルネイ国に行きました。

ブルネイの空港に着くとPGバーリンが迎えに来ておりました。ブルネイ国は親日派であり、PGバーリンからは「私はブルネイ国のロイヤルの血筋を引継ぎ、日本から人と金を持ってくれば仕事はいくらでもある。」と私に力説を致しました。
PGバーリンは、①ブルネイシェル石油採掘センター、②住宅開発 土地、③家庭などから出たゴミの山などを案内してくれました。

住宅開発の土地はブルネイ人の多くは水上生活者が多いため陸地に住宅を建てて、そこに住まわそうとする国策事業であると説明を受けて日本より住宅開発会社を連れてきてほしい。またゴミの問題では一緒にゴミ焼却施設を作ろうと言いました。

また、PGバーリンは今回話題になっている国王所有の数千台の高級スポーツカーの販売、ジェフリー殿下名義の東京代官山の土地の売買、ブルネイ国癌センター建設の話を私に持ちかけてきました。
高級スポーツカー販売の件は、ロイヤル名義で所有をしており、PGバーリンは「私はロイヤルの血筋を引き、よく知っているので車の販売の権利を任せてもよい。」と言いました。ここでPGバーリンから金銭の要求があり、数千万円渡っております。

また、東京代官山の土地に関してもPGバーリンは、「国には内密でジェフリー殿下に売却のサインをイギリスに貰いに行かないといけないので弁護士を連れて行くから協力をしてほしい。」また高島からは「大手建設会社を紹介してほしい。」との事で株式会社東芝を通じて株式会社長谷工を紹介してもらい何度も東京の株式会社長谷工本社まで行き代官山の土地の話をし、株式会社長谷工からは、「代官山の土地にマンションを建てるのはステータスなので85億円で買い付けをしたい。」との事でした。
PGバーリンからは「イギリスへの渡航費用が直ぐにも必要のため用意をしてほしい。」と言われ、私は苦渋の決断で自社ビルを売却し、その中から3,000万円を用意いたしました。

結局、高島、PGバーリンからの連絡はなしの礫。酷い話です。
色々と2人のことを調べると同様の事を、日本のマフィアにも言って多額の金銭を集めておりました。(国際詐欺集団です。)
私の知っている限り日本で高島が数十人から金を騙し約100億円近くを集めその中からブルネイのPGバーリンに送金したり、高島自らブルネイ国に持参してたりしました。

また、高島が口車で金持ちを騙しブルネイ国に連れて行き、一流のエンパイアホテルに滞在させ架空の儲け話やPGバーリンでは繋がらない住宅開発の土地を見せいかにも建設が可能か話し、それぞれ役割の分担が決まっているかのようでした。
また、「ブルネイは充分な病院施設がなく病人は隣国のシンガポールの病院まで国費で行くので治療のためにブルネイ国内に癌センターを建設するので手伝ってほしい。」との事。
また、ブルネイ人は癌にかかり短命であるため医療器設備と病院を設けたらいくら位かかるのか聞かれたため200億円位は必要と言うと、「ブルネイ国は石油、天然ガスが出る。また、私はロイヤルのため口利きも可能であるから信用してくれ。」との事でした。

私は東芝メディカル時代に癌センター、大学病院等の建設に携わっており、医師の派遣、教育の実習には自信がありました。
しかしながらよく考えると、高島も悪人ですがロイヤルの血筋を引くPGバーリンはもっと悪人です。

それにそのような国際犯罪者を放置しているブルネイ政府、ブルネイ国はもっと悪いです。

私は約2年前から東京のブルネイ大使館には相談をし、助けを求めておりました。しかし大使館からは「対応ができない。」
の一点張り。ひどい話です。

タイ・スコタイ・世界遺産の遺跡!2007年11月!日本人女性殺害事件! 

タイ北部で観光中の日本人女性が殺害された事件は、未解決のまま、発生から10年がたち、現場を訪れた遺族が、一刻も早い事件解決を訴えた。
この事件は、2007年11月25日、タイ北部スコタイの仏教遺跡で、川下智子さん(当時27)が、何者かに刃物で首などを刺され、死亡しているのが見つかったもの。
智子さんの父親の川下康明さん(69)は27日、事件発生以降、毎年訪れている遺体発見現場に足を運び、花を手向け、事件解決を訴えた。
川下さんは、「早く事件が解決して、いったい何があったのか、真実を1日も早く解明していただいて」と話した。
智子さんが倒れていた現場は、当時は草が生い茂っていたが、今は刈られ、石が積み重ねられている。
智子さんの服からは、犯人のものとみられるDNAが検出されているが、これまでのところ、犯人検挙に結びつく有力な情報は出ていない。
事件が未解決のまま、10年がたち、警察に寄せられる情報が少なくなる中、遺族は、事件を風化させず、一刻も早い犯人検挙を求めている。