国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外のクラブ

シンガポールの夜の歓楽街(ナイトスポット)クラークキー

I visited Clarke Quay which is very famous for night spot in Singapore. There are many restaurants and bars in this area.
シンガポールの夜の名所であるクラークキーを訪問。レストランやバーが多くある地区です。
川沿いにレストランとバーがあります。若者達のデートの場所ともなっています。
19世紀にシンガポールが貿易港として栄え始めた頃に
このあたりは横浜の赤レンガ倉庫と同じく倉庫街であった場所です。

現地の人からすれば日本でいう東京のお台場的(横浜のみなとみらい?)なところです。

写真右の鉄塔みたいのは
逆バンジーです。上から下に飛びます。
17362766_1353783831311492_1405246875226607074_n

I visited Clarke Quay which is very famous for night spot in Singapore. There are many restaurants and bars in this area.
夜景の写真撮影場所でもあるクラークキーです。人工美ですが目の保養になります
17361746_1353793844643824_4601183912516060673_n

I enjoyed pizza and Tiger beer at a Pizza bar in Clarke Quay.
クラークキーのピザバーでピザとシンガポールのビールであるタイガービールを堪能。(正確にいうとタイガーを生産している会社は、オランダのハイネケン社とシンガポールのFraser and Neave社の合弁会社。)
ピザ4切とビール2本で37ドル(3000円)程。
他地区に比べて値が張りますが、雰囲気を楽しむ事が出来ました。

17353486_1353802314642977_6818399451099838906_n

タイ・チャーン島・サイケオビーチ!欧米人と一緒にハウスパーティー参加

自分以外皆白人。
イギリス、カナダ、オランダ、ベルギー、スウェーデン、デンマーク、アメリカ、ドイツ、フランス、オーストラリアで11の国籍者が集まっています。

自分以外、皆、白人
17〜18人くらいいますが、半分は日本に数ヶ月前に訪問した、4月に訪問すると行っている人々です。

日本は良かった、日本を心の底から訪れたいという人々ばかりです。

自分の隣の女性ですが、デンマークの女性で、かなり綺麗です。学生の時にデンマーク訪問した時にデンマークの女性は綺麗だと思ったものです。

結婚は日本人と思っている自分ですが、青い目の奥さんも悪くはないですねw
16649396_1328207547202454_3369873044591570604_n

16681985_1328749717148237_2384464860072819142_n

16864373_1328255557197653_7175436299088154643_n

16865056_1328253960531146_5681482767358923324_n

タイ・パタヤ・夜の歓楽街!ウォーキングストリート

パタヤはバンコクから160キロ程離れた所にあるビーチリゾートです。

ここはかつてベトナム戦争時に米兵達の休息の地として発展し、米兵相手のバーやクラブが­多­く出来、当時の小さな漁村であったこの町は発展していきました。
開発は非常に素早く、ビーチ開発などのほか、ゴー・ゴー・バーや売春などのセックス産業が発達しました。

映画の舞台にもなっており、1977年の千葉真一主演映画『激殺! 邪道拳』でロケーション撮影されました。

昼間は海岸沿いで­海水浴は楽しみ、夜は歓楽街へ!ここまでの規模はタイで一番です。

夜はパタヤの街全­体が怪しい雰囲気に包まれる。ソイ7付近のビヤホイはピンクの街灯で怪しい雰囲気をかもし出しています。
 日本には関東 神奈川の横浜の黄金町、川崎の堀之内、東京の町田駅JR駅側ホテル街に同じような赤灯­のちょんの間街があったが(今は警察による規制強化により撲滅)が、それに光がにています。

パタヤウォーキングストリートは、ゴーゴーバーがひしめき、深夜まで多くの人々でにぎわいます。

忠告しておかなければならないのは、タイ人はエイズ患者が100万人程おります。すなわち、タイ国民の60人に1人程の割合であるといわれております。(アメリカ、ロシア、東欧諸国、インド、アフリカ諸国でも非常にエイズ患者が多いですので、外国人との性交渉は控えねばなりません。)
よく、買春をしている人々をみていると、大丈夫かと心配になります。見ているだけなら問題ありませんが、そこらへんを考えたうえで行動されてください。

【実録】タイの3大風俗地帯潜入!バンコク、パタヤ、プーケット!総集編動画!ゴーゴーバー、ゴーゴーボーイ、ニュハーフ

現地実録新動画アップ!今回のお題は、【実録】タイの3大風俗地帯潜入!バンコク、パタヤ、プーケット!総集編動画!ゴーゴーバー、ゴーゴーボーイ、ニューハーフ!

タイの3大風俗地帯であるバンコク、パタヤ、プーケット。それらの風俗地帯潜入!現地実録映像!
バンコクはタニヤ通り、ソイカウボーイ、ソイ22、パッポン周辺、ゴーゴーボーイ、パタヤはビーチロード~セカンドロードまで、ニューハーフショーも堪能!プーケットは、パトンビーチのバングラ通りに潜入!

これで、タイの著名風俗地帯は網羅!
45分の総集編動画!

タイ・ピピ島随一の繁華街トンサイビーチでナイトライフを堪能!

WEBメディアたびねすに旅記事寄稿!今回のお題は、タイ・ピピ島随一の繁華街トンサイビーチでナイトライフを堪能!

タイのアンダマン海に浮かぶピピ島。綺麗な海があり、ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』の撮影地としても知られる島です。いくつかの島からなるピピ島の中で、最も賑やかなのがピピ・ドン島の玄関口であるトンサイ地区。
トンサイ地区には、安宿を中心とた宿泊施設や飲食店、クラブ、ムエタイ競技場などがあります。夜になるとビーチ沿いではレイブパーティーが催されます。今回は、そんなトンサイ地区の魅力を紹介します。

たびねす記事は下記を
クリックしてください
↓↓↓↓↓

たびねす記事

世界1周総集編映像!第2弾!フィリピン・セブ!

世界1周!第2弾!フィリピン・セブ!

セブは6日間滞在
成田空港からフィリピン航空(通称PAL)のPR435便を利用しました。登場時間は安定しておりました。千葉から小笠原諸島を通りました。
機材はこないだVN(ベトナム航空)を利用してサイゴン→セントレア利用したのと同じエアバスのA321 -200で3-3の配列の小さな飛行機でした(格安航空会社が利用するA320の兄弟機ですが、席数はそれより40~50席多く、シートピッチもある。)モニターがない飛行機でした。(共有のモニターすらなし)
フィリピン航空は正直なところあまり利用したくない航空会社の一つですが(絶対利用したくない航空会社ではない)、今回のフライトはよかったです。一時は安全面で欧州への乗り入れを禁止される程でしたが、欧州線も復活。機内食もよかったです。
セブに行くには直行であれば成田、セントレア、関空から出ております。マニラ経由の便もあるんですが、やはり直行便がよいです。
入国審査は想像以上にゆるいと感じました。もっと厳しいかと思ったんですが。
早速、ホテルにチェックイン。セブの空港はセブシティーがあるセブ島ではなくリゾートがたまるマクタン島にあるんですが、マクタン島のリゾートに宿泊です。オンザビーチのプール付きの宿で部屋はオーシャンビューです。

アキーラさん&珍太郎さん!フィリピン・セブ島潜入記!

タイ・ピピ島・トンサイビーチ・レイブパーティー!

タイのピピ島を4月に5か月ぶりに再訪。前回はピピ島最北端レムトンビーチのピピナチュラルリゾートに宿泊しましたが、今回はトンサイビーチに宿泊しました。
トンサイビーチにはバックパッカーやゲストハウス、ホステル等の安宿がたまりピピ島では一番の繁華街となっています。多くの飲食店があり、夜な夜な海岸ではレイブパーティー(トランス系中心、サイバートランス、サイケ、ゴアギル等)が開かれています。そのため白人を中心にヒッピーやバックパッカーがあつまる場所ともなっています。

インド・デリー・インド・ヒンドゥー教祭り【ホーリー】祭り(レイブ)

ホーリー祭(Holi)とは、インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り。春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝う。

ホーリー祭はもともと豊作祈願の祭りであったが、その後クリシュナ伝説などの各地の悪魔払いの伝説などが混ざって、現在みられる形になった。ホーリー祭の特徴である色粉や色水を掛け合う由来は、カシミール地方の伝承でこの日に人家に押し入ってくる悪鬼ビシャーチャを追い払うため泥や汚物を投げつけたのが始まりとされる。そのため黄色は尿、赤は血、緑は田畑を象徴すると言われている。色水は色粉を水に混ぜて作る。

インド暦第11月の満月の日(太陽暦では3月に当たる。 祭りは2日間に渡って行われ、1日目をホーリー、2日目をドゥルヘンディと呼ぶ[2]。 2016年は3月24日、2017年は3月13日)の午前中がクライマックスであるが、前日から色粉の掛け合い等を始めることもある。祭りの前週から繁華街には色粉や水鉄砲(主に子供が使う)を販売する露店が多数出る。人々は色粉等を購入して準備する。当日は他のヒンドゥー教の祭りと異なり特定の神に対する祭礼は無く、地域の人達が集まって祭りが始まる。

初日の祭りは日没から始まる。男女のグループに別れ、ファグアーと呼ばれるヒンドゥー教の神々や現実の男女の愛情を表現する歌を掛け合いで歌う。また、ホーリカー・ダーハと呼ばれるホーリカーの神話にちなんだ焚き火(ホーリー・ジャラーナー)を燃やし、悪霊を焼き幸福を祈願する。

2日目は泥水や色水の掛け合いを行う。祭りが始まると友人知人はもとより通りがかった見知らぬ人にまで顔や身体に色粉を塗りつけたり、色水を掛け合ったりする。地域によって男性が女性に掛けるなど、決まりに則って行われる地域もある。

色粉を塗りあった後は「ハッピー・ホーリー」と言いながら抱き合うことも多い。最初は特定の色を額に塗る程度だが、次第にエスカレートして顔全体や体中が色だらけになってしまう。また ヒンドゥー教徒は比較的飲酒を忌避するが、ホーリー当日だけは盛大に飲む人が多く、昼頃には芝生や木陰で酔いつぶれている人をよく見かける。

平成28年(2016年)3月8日に日本を発ってから、インドのムンバイに到着。ムンバイ→ゴア→コーチン→ムナール→チェンナイ→バラナシ→デリー→アーグラー→アーメダバード→ムンバイと25日間滞在。

フィリピン・セブ島・マンゴースクエアのクラブ(ディスコ)

【海外のクラブ・フィリピンセブ島編】
フィリピン・セブ島のセブシティーのマンゴースクエアにあるクラブ。規模も大きくなかなかイケテル音楽が流れています。セブでクラブといったらマンゴースクエア界隈です。
しかし、韓国人が非常に多かったです。日本人も少しいましたが。あとはフィリピン人。そして少数の白人です。

【タイ風俗】タイ・プーケット・パトンビーチ歓楽街!バングラ通り②ゴーゴーバー!

5年5か月ぶり3回目のプーケットのパトンビーチ。その中心の歓楽街がバングラ通りで­­す。一番最初は、6年3か月前です。初回と前回5年5か月前に通りを撮影しユーチュ­ー­ブ動画撮影。
あい変わらず賑やかな通りです。店もほとんど変わっていないと思いま­す。白人を中心­に多くの人々が散策しています。
ゴーゴーバーや普通のバー、クラブ(ディスコ)、土産物屋、ファーストフード店等あり­­賑やかです。

平成28年(2016年)4月に5か月ぶりに再訪時に撮影。